« Who Are You ? | トップページ | お留守番。 »

2009年5月23日 (土)

まぼろしの坦々麺は伝説になった。

まぼろしの坦々麺を探して中華街をさまよったのは今年の初め

中華街の旧正月“春節”の時でした。 ( 過去記事参照→ )

そもそも なぜそんなに坦々麺にこだわっているかというと

中華街以前に 熊家には磐石の存在だった坦々麺があったのです。




それは「坦々厨房」 。家から車で10分くらいのとこでした。

国道沿いの小さな店でしたが、噂が噂を呼び 昼時には行列もできてましたし

お客さんは途切れることなく入っていました。

ある日シャッターに 『しばらくお休みします』 の張り紙。

えー  うっそー なんでー




その後2チャンネルの書き込みなどで 

どうやら店主は病気療養中らしい ということがわかりました。

結局「坦々厨房」はしばらくして閉店。別の店が同じところで坦々麺屋を始めました。

味は似てるけど やっぱり違う。 もうこうなると残念を通り越して絶望感。。。




まさに「 坦々厨房」の坦々麺こそが まぼろしの坦々麺なのです。

それから熊家は 何軒も、何杯も坦々麺を食べては落胆し 

もうダメかと思っていたときに出会ったのが 中華街の一杯でした。

あー。ココに来たらまた美味しい坦々麺が食べられるんだぁ 

と喜んだのもつかの間。その店も熊家は見失ってしまったのです。




そうだ あの店(「坦々厨房」)はたしか暖簾分けした店だとかなんとか・・・

ってことは 元々のお店があるってことだ。 えっと・・・たしか・・・戸塚・・・





熊が発見しました  ぐっじょぶ それが「中華料理 丸勝」です。

さすが、あの店の元々だけあって かなり近いものがあります。

あの店のオリジナルトッピング(干しエビやカシューナッツなどの刻んだモノ)があれば

95点をあげたいとこです



090522_1203081

芝麻醤の香りが食欲をそそります。インチキな店はほうれん草を使用してるけど、

ちゃんとチンゲンサイを使ってるとこも完璧。 っていうか、当然です

実はこの店、すでに何度か来て この味を確認済みだったのですが

今回、大熊は意を決してお店の人に言いました。

「以前 坦々厨房さんにお邪魔してたんですが閉まっちゃって

行き場が無くなっちゃったんですよ。もうあちこちいろいろ食べたんですけど、

どーしてもあの味が忘れられなくて・・・」

するとお店の人は 「そー言ってここを訪ねてくるお客さん、多いんですよ。

実はあの店 ボクがやってたんです。

2チャンネルでボクが病気なのかって噂になっちゃって。

でもボクじゃなくて厨房で作ってた人でね。。。」




しばらくお話しさせていただいて、サービスで杏仁豆腐をいただきました。


Image225

ワタシ 「で。その療養中だって方、お加減いかがなんですか?」




「亡くなりました」







こうして まぼろしの坦々麺は伝説になったのです。








亡くなった方はまだ40代。若すぎる早すぎる

神さまは どーしてもこの人の坦々麺を食べたかったんでしょうか。

それで早くにお召しになったんでしょうか。

丸勝の人は またいつか復活させたい と言っていました。


「ぜひぜひ お願いします


と言ってお店を出たら







大熊の頼んだ小ライス  サービスになってました

ごちそうさまでした。





|

« Who Are You ? | トップページ | お留守番。 »

コメント

担々麺って真っ赤かなイメージですが
これは白いスープ?
お店の人に話しかけた大熊さん、
いい仕事しましたね(笑)
相手がガンコジジイじゃなくて良かったです
大熊さんは人見知りしなくて
人懐っこいタイプなのかな

担々麺、無性に食べたくなってきたよ~
とりあえずカップ麺でしのぎます

投稿: 鬼嫁 | 2009年5月23日 (土) 09:24

40代は悔しいですね!!!
誰かに引き継ぐ間もなく、美味しい坦々麺を神様だけが
独り占めってのがなおさら悔しさを増します!

ワタシのお気に入りのお寿司屋さん、
継ぐヒトがいないんだよな~!
そこがとっても気がかりで…

投稿: ぼの子 | 2009年5月23日 (土) 10:06

へぇぇぇ
いいなぁ。そんなにうまい坦々麺、食べてみたい。
以前テレビで、中国を旅して「うまい坦々麺を探し求める」
ってのを見て、
「坦々麺食いに行くぜ」
と、出かけたものの、
「なんだよこの中途半端で全然ありがたみのない味は
 バイトが適当に作ってんだろ
って味でした。。。。
 人生でいまだかつて「うまい坦々麺」って、カップラーメンぐらいしか食べてないです。
 しかし、40代で亡くなるなんて。
 おしい人はみな短命。。。
いろいろサービスしてもらって、よかったですね

投稿: 石丸徳馬 | 2009年5月23日 (土) 12:38

>鬼嫁さま
そーですね。赤くて辛いスープってイメージ
ここのは白っていうか白ぽい、まぁ白ゴマの色です。
熊はよくTAXIの運ちゃんに話しかけたりしちゃうので
困ることもあるんですが 今回はでした。
とりあえずカップ坦々
そのぐらい時々むしょうに食べたくなります


>ぼの子さま
うん。40代で逝っちゃうなんて早すぎ、人生半分来てないよぉ
しかもあんなに美味しいものが食べられなくなっちゃうなんて
ウチ以外にもあの味が忘れられない人たちが居る事を知って
よけいに悲しかったです


>石丸徳馬さま
元々 中国の坦々麺って汁がないんですって。
天秤棒みたいのに吊るして担いで売り歩いていたことから
坦々麺って言うらしいです
スープの坦々麺は日本人に合うように改良されたんですって。
そういえば、お寿司も米国に渡ってからは
ワケのわからない具材で握ったり巻いたりしてるじゃないですか

投稿: おかみっちょん | 2009年5月24日 (日) 06:45

まったく知らないお店なんですけど、やはりもとジモテイー的には、何処・どんな・と、気になりましたので探したら、上星川界隈のおみせさんですね。
やはり、おかみっちょんさんは、相鉄線ご利用の方みたいですね。自分、相鉄に乗るのは高校のとき親に内緒でバイクの免許受けに行ったり乗ることも無い、大型免許・大型特殊免許の受験に二俣川(おーひらがな入れて変換でそのまま出るんだ)にはいきました。
本題、あのおっちゃんが作ったらー麺が食べたいのに、そのおっちゃんはもういない。辛いんですよね。私も2年ほど前に、ここ須賀川で経験しました。

投稿: フォワード | 2009年5月24日 (日) 21:24

>フォワードさま
生まれも育ちも熟成も相鉄沿線です
この店 がなかったんです。だから
「あの店気になってるんだけど 止められないじゃん・・・」
て人がけっこういました。
その後 次の坦々麺屋は 新しく隣にできたコンビニのを使わせてもらえたんですけど
その店も程なく消えました。。。
でも オーナーはすべて「丸勝」の人なので もしかしたら
いつかまた“あの味に近い”のが食べられるかも。。。

投稿: おかみっちょん | 2009年5月25日 (月) 06:19

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まぼろしの坦々麺は伝説になった。:

« Who Are You ? | トップページ | お留守番。 »