« 校歌 その1. | トップページ | 校歌 その3. »

2011年4月 6日 (水)

校歌 その2.

み国のいのちを受けて生まれし

優しく 雄々しき日本の婦人の

賢き使命に いまこそ目覚めめ

あぁ わが友





これはおかみっちょんの中学・高校の時の校歌です。

はい お気づきのとーり 泣く子もだまる女子校ですわよ ( ̄▽ ̄)

女子校ってのはね 怖いトコですわー。。。





さて、中高一貫教育の6年間。 何をしてたか っつーと

部活。 しかも体育会。

これ1本でした ψ(`∇´)ψ

勉強は試験前と 特別な教科の前日だけ。

授業もロクに聞いてなかったでした。

そんなら もっとイイ戦績を残せなかったのか? っていうと

実は部活もね。 

練習きら~い。しんどいのきら~い。 でも ちょっとは上手くなりたい。

そんなずーずーしい気持ちでやっておりました。


県大会には出れるけど 全国には届かない ってあたりで

まぁ なんとも中途半端な部活生活でした。

1つ上の年代がいなかったことから 

高校1年から2年間 主将を任されたのですが 

今考えると まったく幼稚な主将でした。

みんなをまとめていきながら 自分では やめたいなー なんて思ってました。

かっこばかりの主将でした。





それでも 高校を卒業すると 学校の臨海教室@真鶴に

一泊旅行で「卒業生を送る会」 ってのが恒例でして。

部の後輩たちが 先生や卒業生たちのためにご飯をつくったり

ちょっとした余興なんかもあって

年に1度のお楽しみ会みたいなもんでした。

夜、後輩への挨拶の席で 友人HKは こんなことを言いました。

「みんながいたから続けられたよ。ありがとう。

ここの卒業生になって誇らしいし このことは宝物だと思う。

みんなもツライこととかあっても 最後まで頑張って ここの部員として卒業すれば

みんなの後輩がこんなふうに送り出してくれて 幸せに感じられるから

最後まで絶対にやめないで卒業してね。」





彼女は中途入部でした。 中学の3年のころだったでしょうか。

別に拒む理由なんてなかったのに みんな彼女の入部を阻止しようとしました。

“ヨソモノ” が入ってくるような気がしたんでしょうか。

練習はつらいよ  とか 今からじゃ上手になれないよ  とか

まぁ 子供っぽい脅しを言ったりしてイジメまがいでした。

でも 彼女は初心を貫き 入部して

体力はあまりないけど 持ち前の粘り強さで頑張って

卒業する時には後輩にもきちんと指導できるほどに上達しました。

優しい性格の彼女は 後輩からも信頼されているようでした。

残念ながら試合に出場する機会はなかったけど

ワタシたちの試合には必ず来て 大きな声で応援してくれました。




ワタシは心が小さい人間で、試合中 ホントにしんどくなると

応援してくれる声が苛立ちに感じることがありました。

試合に出ない人にはわからないよ! なんて。

自分がミスしてイライラしてるのに まったくひどいことです。

試合にも出れないのに 部活続けて何が楽しいんだろう。。。

ワタシなんかやめたいのになぁ。。。

そんな風に思ったことも何度もありました。




だから 彼女が送別会で後輩に言った言葉は

まさに目からウロコだったのです。

目標をちゃんと持ってやってた彼女のほうが

ただ続けてただけのワタシなんかより ずっと多くのものを得たんだなー って。

彼女は すぐ隣の席に座って後輩に語りかけていましたが

横顔はとてもきれいで(美人なんだよー!) 輝いていました。

あんなに入部を拒んだり ちょっとバカにしてた自分が恥ずかしくなりました。

心から 尊敬できる友人だなぁ と思いました。

今 彼女がこのことを知ったら

そんなこともわからないでやってたの?  

て言われちゃうでしょうねー Σ(;・∀・)




実はこのエピソードをずっとずっと書きたくて 機会をまってました。

新入学の季節にまた思い出したので記事にしました (o^-^o)

その後 そのいい加減な部活のおかげで大学に行っちゃったおかみっちょん。

さて 大学生活はどんなだったんでしょうかねー (≧m≦)







230330_0021


近いぞ ∑(゚∇゚|||)




   

|

« 校歌 その1. | トップページ | 校歌 その3. »

コメント

校歌を覚えてるなんて感心な生徒good
ワタシ全く覚えてないやsweat01

友達って決してお金では買えない宝物よねshine
心から尊敬できる友人ちゃんはなおさらだなぁ

そういえばワタシが通ってた女子校って
校内ではジーンズのスカートで過ごすのよdenim
だから制服着るのは登下校の時だけという
一風変わった高校生活だったかもhappy02

投稿: 鬼嫁 | 2011年4月 6日 (水) 11:03

すごいなー。
やっぱり、続けるっていう事はすごいことなんだね。
大学生活、遊んでたの??
私、大学いってないのよね~
いいなぁ~

投稿: 石丸徳馬 | 2011年4月 6日 (水) 13:52

うん。わかる気がする。

高校生までって、友達はイケてるかイケてないかがすごく重要で・・・恥ずかしい話だけど人格よりもオシャレな子とか面白い子と好んで付き合ってた気がします。
でも、大人になった今、人間の真価ってそんなことじゃないんだよなーってしみじみ思う。。。

私も、「あの時のあの子の行動はすごくえらかったよな。素直に尊敬の気持ちをもてなかった自分はくだらない人間だったな」って、当時は全然思わなかったことがなぜだか自然と思い出されたりします^^

投稿: nico. | 2011年4月 6日 (水) 19:18

おかみっちょんさんといえば歌・・・
・・・ではなく体育会ですって~(ー_ー)!?
何部だったのでしょう~?
気になりますね~。
私もⅠ号の中学のバレー部の試合にはじめて応援にいったときのことを思い出しました。
後輩たちが大きな声で「R先輩!!イレテケサーブです~!!」と応援していて
知り合いのお母さんに「イレテケサーブ」って何?と聞いたら 
すごく困った顔をされたのを思い出しました。
後輩たちに「入れてけサーブ」だなんて恥ずかしい応援されて
ぜんぜん気にしないⅠ号の精神力に脱帽でした(^_^;)

投稿: ガブママン | 2011年4月 7日 (木) 06:54

うむっ。ええ話や!
学生時代の部活って、成績だけじゃないのよね。
ちなみに私は高校時代は美術部。
試合や遠征で授業を休む体育会系の部活が羨ましかった・・・って、動機が不純?coldsweats02

そのかわり、今はオバサンの部活を週に3日やってます!(笑)

おかみっちょんさんの大学での部活話、楽しみですわ!!

投稿: | 2011年4月 7日 (木) 22:04

部活すらまともにやらなかったなぁ。。
体育会系は絆ができるから素敵よね。
大学時代はバブリーだったんじゃない?(≧m≦)
まさかジュリアナクィーンじゃないよね?

投稿: ねこねこ | 2011年4月 8日 (金) 18:38


>鬼嫁さま
ふふふ。友人の誕生日は忘れちゃっても校歌は覚えてたわ。
友達って損得抜きの存在だと思ってたのよ。ずっと。
でもいざその時になってみると 自分の家の体裁気にしたり
いろんな意味で見返り要求されたりして
友達の顔してるだけだったのかぁ…みたいな経験もしたんだよねー。
学生の時って何もしなくても友達ってできるけど
大人になってからの友人は自分で選んでできた友人だから
ホンモノだと思うようになったよ。ヾ(o´∀`o)ノ


>石丸徳馬さま
そーだよー。続けることはチカラなりよー(*゚▽゚)ノ
でもねー ワタシみたいに意味なく続けてても
あまりチカラにならないのよー。
ワタシの友人のように 信念を持って続けなきゃねー。
大学なんて行かなくても世の中を勉強してる人は
社会に出てから何でも学びとるし大学出ててもバカは一生バカだ。
学歴じゃないよ。どう生きるかだよヽ(´▽`)/


>nico.さま
友達のニオイを感じ取るっていうのあるよね。
コイツと一緒にいるとおかしくて楽しい みたいなニオイ。
でも それが本当に生涯の友か っていったら微妙だ。。。
ワタシは彼女のことほんとに良く出来た人だと思うし
尊敬してるけど 向こうはどー思ってるかわかんないよΣ(;・∀・)
でも友達って「片思い」でイイと思うんだ。
困ってたら無条件で助ける。それが友達だよね(o^-^o)

投稿: おかみっちょん | 2011年4月 9日 (土) 07:54


>ガブママンさま
アッハッハ~。゚( ゚^∀^゚)゚。 そんなに歌ってないよー!
趣味もいいとこだってばー。奥さんたらー!
ワタシねぇ、インドアスポーツだったのよー。地味よー。
しかも練習嫌いだったからねー。体力なかったしねー。
ちょっとした小技でそこそこ勝ってただけなのよー(≧m≦)
「イレテケサーブ」はちょっと恥ずかしい。
できれば自分の試合では言ってほしくないねぇ。( ̄▽ ̄)


>和さま
そーそー。昔から「お蝶婦人」だったのかと思ってたのよ。
違うのね。美術部なのね。ワンゲルとかでもないのね。
意外だわ~~∑(゚∇゚|||)
ワタシ もうひとまわり小さいラケット振ってたわ。
狭いコートで初速300kmの小鳥を追っかけてたのさっ!
なんだか知らないけど 夏合宿なんか学校に泊まってやったから
遠征なんかなかったわよー\(*`∧´)/


>ねこねこさま
ジュリアナ…ちょっと時代が違うかなー∑(゚∇゚|||)
ってか たぶんワタシだったら入り口のドレスチェックで
入店拒否されちゃってるかもー∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
体育会っていってもさ、けっこう裏はギスギスしてたり。
高校の頃はみんなスポ根だったけど今は時代が変わったようで
怒鳴ったり叱ったりすると親が学校に飛んでくるから
やりづらくなった ってずいぶん前に先生が言ってた。

投稿: おかみっちょん | 2011年4月 9日 (土) 08:06

おかみっちょん、かいかぶりですぅ・・coldsweats01
恥ずかしくって青くなったり赤くなったりしてるよhappy02
でも、ありがとうね。
おかみっちょんにはお世話になってるから足向けて寝られないんだ・・わたしheart04

四半世紀以上前のこと、忘れてしまってもおかしくないのに、おかみっちょんの記憶の中にいられただけで幸せに思うよ。
恥ずかしくてスルーしようかと思ったけど、それは礼儀に反するよねsign03
人生半分折り返して、当時の事を思い出す事も無かった私だけど、今日の日記は私の中で永久保存版にするつもり。
ありがとうございます。

それにしてもおかみっちょんさんの記憶力はすごいなぁ。
私は最後の『あぁ、わが友」しか覚えてないんだよcoldsweats01ありゃりゃだね。

投稿: おひめどん | 2011年4月 9日 (土) 23:54


>おひめどんさま
マジかよ…最後♪しか覚えてないって il||li _| ̄|○ il||li
いい歌詞じゃないかー っていうワタシも3番までは覚えてない。
ワタシに何の恩を感じてくれてるのかわかんないけど
そんなこたぁ きっとちっちゃなコトだろうから
気にしなくていんだよー ヽ(´▽`)/
おひめちゃんが“あっち”で声かけてくれたから
またこうして「交流」できてるんだからさー。ありがとねー。
記憶力ってばさぁ、Kやんの記憶力!ワタシの過去の成績
○年の○学期は△位だったよね とか言われて怖かったよ…(@Д@;

投稿: おかみっちょん | 2011年4月10日 (日) 07:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1062669/39506244

この記事へのトラックバック一覧です: 校歌 その2.:

« 校歌 その1. | トップページ | 校歌 その3. »