« 天パーでなにが悪い! | トップページ | 初見参! »

2011年6月10日 (金)

地球とヒトと動物と。

開催開始からちょっと時間がたってしまって

あやうく行きそこなっちゃうところを はッと思い出して出かけました。




230608_013

『岩合光昭 どうぶつ写真展』 @川崎市民ミュージアム に行ってきました。

なんか 最近コヤツもお供してます。

しかも ボケまくり。。。



230608_015

同時開催 神奈川のねこ展。

こちらは 岩合さんが神奈川県内で撮影したねこの写真がたくさん。

カレンダーや写真集でお馴染みの写真もあって楽しいです。



Foodpic1255820

一般募集で申し込みした人たちの“家族”の写真が展示されてるブースもあります。

一回目の締め切りに間に合った中で

岩合さんが これはイイ! と選んだ作品には

ピンクのお花リボンがついています。

けっこう プロっぽい作品もありましたね。

どれも “家族愛”がいっぱいです。



どうぶつ写真展の方は 1枚づつコメントがついていて

それを順々に読んでいくと、

岩合さんの思いがジワジワと伝わってきます。

ヒトは どれだけ多くの動物を絶滅させてしまったのか。

今もなお 多くの種類の動物を絶滅の危機に追い込んでいるか。

どんなに小さな虫でさえ 周りの何かと 必ず関わっている。

地球はヒトが住むところと 動物が住むところだけで出来ているのではなく

全部ひっくるめて 地球なのだ と

コメントは続いています。





ただ キャー!かわいい~ とか

すごーい! よくこの瞬間が撮れたね~ とか

感心したりするのもイイのだけど

この写真展はそれだけのものではないですね。

岩合さんの写真を通じて

動物たちに 色んなことを考えさせられました。





展示のいちばん最後は 岩合さんのお気に入りのパンダの写真。

「パンダが地球からいなくなっちゃったら つまんないでしょ?」

(だから 動物と地球を守っていこう!)

と締めくくっています。






せっかく平日の しかも小雨で絶対お客さんが少ないと踏んで行ったのに

静寂を破る観覧客は お子ちゃまではなく

いい年をしたオバサンふたりでした。

やっぱり 地球はかなり危ない状態だと思いました。




|

« 天パーでなにが悪い! | トップページ | 初見参! »

コメント

ごめんね~
名無しのイノぶたちゃんでした~ ^^)

そうですよね・・・
どれだけの動物が犠牲になってるか・・・
岩合さん写真いいですよね ^^)

愛ある写真は 心が暖かくなりますよね!

また 連れ立ってくれてありがとう 笑)

投稿: イノぶた | 2011年6月10日 (金) 20:37

私も岩合さんの写真集持ってる。
っていうか
おかみっちょんさんの記事を読んでから
あ、おかみっちょんさんが言ってた人の写真集だってきがついた。
犬、猫専門家と思ったら
世界中飛んでたのねーあの人。

そして本当に
地球はやばい!!!
今年になって
今まで見た事のない
真っ赤な大きなアブラムシが大量発生しているの。
山で育ったおかーさんも
人生で初めて見たって。
九州では、東南アジアから飛来した巨大なカメムシが
越冬、そして繁殖している。。。。
地球はやばい。。。。

投稿: 石丸徳馬 | 2011年6月11日 (土) 10:26

岩合さんの作品展、そちら東の方ではよく開催されて
るみたいですねえ^^うらやましい!!
関西でもやってくれたらいいのにな。

この方、私は猫ブロガーさんを通じて初めて知った
んですが、猫写真だけじゃなくていろんな動物の
写真を撮る方だったんだあ~。

パンダもそうですが、私はシロクマが地球からいなく
なったら、なんかとってもやるせないなあって思います。私はどうも、自分が一生行けないような寒い場所
に住んでるデッカイ動物に浪漫を感じるみたいで、
既に絶滅してしまったイッカクとか、ステラーカイギュウとか、ほんっとに一度見てみたかったって思う!
今偉そうにクジラ保護を盾にして日本をいぢめてる西洋
人が絶滅においやった動物たちのなんと多いことか!
我々は、愚かなヤツらの轍を踏まないよう、取り返しの
つかないうちにもっと真剣に環境のこと考えないと
いけませんね。

投稿: nico. | 2011年6月11日 (土) 12:02

岩合さんの写真は、可愛いだけじゃないですよね。
そこがまた魅力です。
メッセージ性をちゃんと読み取ったおかみっちょんさん、さすが!

ところで、最初のポスター写真の海豹・・・。
どうしても熟睡しているはるっちにみえちゃって・・・。
色合いから何からそっくりなんだもん!coldsweats01

投稿: | 2011年6月11日 (土) 20:10

いろいろ考えさせられちゃう記事でした。。
思わず目の前にある岩合さんのカレンダーに見入ってしまった~~。
6月、天草の猫が物言いたそうな目をしてます。

仙台にも写真展、来ないかなあ。

投稿: しおんママ | 2011年6月11日 (土) 23:30

mail mail mail お返事遅くなりましたーsweat01 mail mail mail


>イノぶたさま
岩合さんの撮る動物たちって けっこう人間臭い表情とかするんで
すごい楽しいし 親しみ持てるし
被写体を通して岩合さんの人柄が出るっていうか
とにかく すごいイイよねー (*´∀`*)
岩合さんが言うイイ写真は その写真が好きか嫌いかだけで
こういうのがイイっていう定義はないんだって 前にギャラリートークで。
今回の写真展 今まで発表された写真集からの作品なんだけど
とにかくメッセージと一緒に順路を進んでいって
最後にぐっ ときたよ。。。


>石丸徳馬さま
いろんな意味で地球は狭くなってるよね。
野生動物たちが住むところも無くなってきてる。
アフリカの大きな国立公園とか カナダの山岳地帯とか
動物がいる背景はとても広そうに見えるけど
実際にはそれは地球のほんの一握りの敷地でしかないんだよね。
それに比べ 地球の大体のところに人は住んでいる。
「あらー この猿 スゴイ顔ねー」なんておばさんたちは見てたけど
あんたの顔も負けてないよー って心の中で言った(≧m≦)


>nico.さま
そーなのよ。岩合さんはお父さんも写真家でね。
小さい頃からカメラは身近なものだったみたいね。
前に記事でも書いたんだけど ずっと昔に岩合さんの写真を見て
すごーい と思ったのよー( ̄▽ ̄)
写真を見てから 撮った人の名前を知りたいと思った最初の人なの。
ギャラリートークで拝見したけど 実物もすごく優しくて
動物好きだよなー って雰囲気だったわー。
もう絶滅してしまった動物たちに
どんなに謝っても取り返しがつかないのよね。
神様は2度と同じ種類を作ってはくれないのよ。。。
でもマトリョーシカならnico.画伯が・・・(≧∇≦)

投稿: おかみっちょん | 2011年6月14日 (火) 21:52


>和さま
そーそー。カワイイだけじゃないのよね。
メッセージは やっぱ受け取らなきゃと思って順序に沿ってみたわ。
なんか 読んでるっていうか 話しかけられてるって気持ちになったよ。
たぶん 岩合さんのどの写真集にも共通してメッセージはあるんだと思う。
だからずっと動物を追い続けてるんだろうなー( ̄ー ̄)
岩合さんは猫が大好き、特にまぁるい頭のかたちが愛しいって言ってたよ。
猫好きにはたまらないねーo(*^▽^*)o
はるちゃん ソックリだねーheart01


>しおんママさま
うん。ワタシもいろいろ考えながら写真を見てた。
トラもライオンも象もクジラもフンコロガシも
いつも自分とは違う世界にいると思っちゃうけど
実は誰かと誰かが繋がってる延長にいるんだよね。
すごいわかりやすく言えば 今回の震災で日本中が繋がってると思ったよね。
みんなが東北の心配をして、しおんママさんの無事が
ブログ友さんを経由して伝わってきて。
でも 実際は自分のことだけ考える人の買占めもあった。
繋がってるようで 実は途中で何箇所か切れてる。。。
野生動物の保護も同じだと思うんだよね。
危機的状況なのに 残念ながらまだまだ人はやり切れてないと思うな。

投稿: おかみっちょん | 2011年6月14日 (火) 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1062669/40343010

この記事へのトラックバック一覧です: 地球とヒトと動物と。:

« 天パーでなにが悪い! | トップページ | 初見参! »