« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

病院に行ったはいいが。。。

さて、自分の勤めてる病院で受け入れ拒否されて

もうひとつの病院で診てもらえることとなり

よろよろと到着すると そこにいたのは



Untitled

研修医 のネームプレートをぶる下げた青年でした。



苦しさでいっぱいだった頭の中に 「不安」の二文字が湧いてきました。



青年は 横になったワタシに背を向け、

PCに向って必死に何かを打ち込んでいます。

背中ごしに いつからー? とか どんなふうにー? とか聞くのですが

耳がワタシに向いてないので か細いワタシの声がよく聞こえないらしく

何度も聞き返したりしてました。

キレたいのにキレられないもどかしさで ますます吐き気が増しそう。。。

ようやくお腹を押してみたのは 対面してから15分以上経ってから。

しかも



今までにいちばん痛かった痛みを「10」だとすると

今日のはいくつぐらいですかー?

とか聞く。。。。。




( ゚Д゚ ) はぁ?

なんだ?こいつー 。。。

もう ダメだー il||li _| ̄|○ il||li

ものすごい絶望の淵に立った気がしました。



その後 脱水症状の緩和のため 電解質輸液を点滴することになったのですが

まさかの研修医くんが刺す ってんで

ワタシ 思いっきり  え“?   って言っちゃいました。

他に急患が入って 手が足りないので私がやりますんで。

大丈夫ですよー・・・・・  はい  ちゃんと入ってます   って。。。。

案の定 すっげー下手。 もー 痛いのなんのって 。

\(*`∧´)/ もっと練習しろー!

と言いたかったけど それすら言葉に出来ないほどだったのが残念。





レントゲン撮ったり CTやったりして いいようにお金とられちゃったわー。

CTはイイです って言ったのに。。。




お見立ては 何かのウィルスによる急性胃腸炎 ってことでした。

ノロではないようだけど 貝には様々な菌がいるので

特定は出来ないようだし、その必要ももはや無いでしょう って感じです。





以前 原因不明のめまいでひっくり返った時も

熊は鮮やかに立ち振る舞って 田舎の救急隊を指図しちゃったりして

ちょっと鼻につくほどの活躍だったけど

今回も 熊は大活躍してくれました。

病院に電話して受け入れの約束をとってから

ワタシが支度もできずに横になってる間、

車のエンジンをかけ 室内を温め

戻ってきて さっちーのためにエアコンの切タイマーをセットし

ゴハンをお皿に盛り

いつのまにかワタシの携帯を持ってきてました。

おかげで 病院からSさんに連絡することができました。






点滴をしてる間 横にいる熊に こう言いました。





もしもワタシにもしものことがあったら さっちーを頼んだよ。

たぶん、少したったら忘れちゃうと思うけど

すごいありがたいと思ってるからね。

今だけは。







とりあえず、感謝の気持ちは伝えたよ  ってことで。






3日間お休みして、少しづつ食事ももとに戻って

動物性のたんぱく質も摂れるようになってきたけど

若干 胃が重いのは続いてます。

でも ムリしないでやってるので じきに治るでしょう。

健康といっしょに 体重も戻ってきそうな気配です~ \(;゚∇゚)/





そうそう、苦しんでる間に こんなものが届きました。




240225_002


広島産 冷凍牡蠣 加熱用1kg。 (@Д@;







| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

カキーンと大当たり。

「ひとこと」でちょろちょろ書いていましたが

実は 大当たりしてしまいました。

牡蠣に。

これが宝くじだったら どんだけイイだろう ってほどのデカさでした。




事の発端はこの前の週末。

お魚屋さんで 生食用の牡蠣を買いまして

熊は生で、

ワタシは 以前にも痛い目にあってるのでバター焼きにしました。



夜中の2時ころ。

なぁ~んかおかしい。 イヤな予感がする。

心臓がバクバクいってるし 息苦しい。

トイレに行きたいようなお腹の具合。

それに この胃の辺りの不快感。




まちがいなく あたりでした。。。。





1

上からどど~~~ん。。。。。




2

下からもどばどばどばどば~~~~~~。。。。。




それからはもうトイレとベッドの往復。

ようやく落ち着いて というか 疲れ果ててなのか

うつらうつら寝られたのは夜明けの頃だったような気がします。



翌日がお休みの日でよかったー。

とにかく1日ぐったりして休養して 

まだそんなに食べられなかったけど 月曜日普段どおり出勤しました。

夜には鶏肉と蕪のシチューを食べて

いつもどーり 10時には寝てたのですが

菌は完全に消滅したワケではなかったようなのです。

本当の戦いはこれからだったのでした。




日付が変わる頃 

またもや あの数日前のような予感で眼が覚め

トイレに行ったらさいご もう 出られませんでした。


11


あまりにも苦しくて 自分の病院に急患で行きたいと申し出たところ

緊急性がないのと 消火器内科の当直がいないので

無残にも断られてしまい、

もうひとつ近くの市民病院に連絡をして

なんとか診てもらえることになったのですが・・・・





そこからのお話しは 次につづくー \(;゚∇゚)/





| | コメント (13) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

自称75歳!

14日は まぁアレでしたね。

おかみっちょんは こっそりと75歳(←自称)に突入です(≧∇≦)

ここんとこずっと おかみっちょんのハートを射抜くような

ドンピシャなプレゼントを思い浮かぶことができない大熊に

今年は助け舟を出すことにしました。




ねぇ、石川遼くんが使ってるやつ 買って。





石川遼が使ってるのって・・・










Ryou_2

ヽ(#`Д´)ノ┌┛ ちっがぁ~~~~うっannoy



で、ポチッ と買わせたのが コレ。

Colantotte

コラントッテ。 って名前もなんだか“小林製薬”っぽいけど

磁気ネックレスですよーヽ(´▽`)/

肩こりコリコリのおかみっちょんが

快適な75歳をすごすための必須アイテム。





_copy1 

こんな感じ。

これがー なんか イイです。

届いた日の夜から装着してるんですがね、

朝 起きたときのコリコリ感がなく、

たっぷり寝た~ って サックリ眼が覚めます。

まだ数日だけど 頭痛もないし。

それなりにイイからスポーツ選手とかも使ってるんですね~。

お手ごろのプレゼントで丸くおさまって

大熊もほっと一息のようでした ( ̄▽ ̄)




数日前にケンタのバースディバーレルでがっつり食べちゃったので

当日は家では特にコレといったこともせず。

でも 甘いものだけは調達しました。




240214_019

パティスリー ブラザーズ の四角いシュー。

横浜にはショップはないのですが 偶然 出店してるとこだったので

この模様に飛びつきました。



Foodpic2059179

大きさ比較のために 大熊が後ろで手の込んだことをしようとしてますが

ハッキリ言って 比較になってないですわ( ̄▽ ̄)

この四角いシュークリーム おいしいです~゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

横浜にも常設してほしいなー。





240216_004

甘いものとお茶でほっこり。

しおんママさん ありがとーございました~ 

(* ̄◎ ̄*)ぶっっちゅうううん♪







 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

海苔がいっぱい。

ずっと気になっていた 食器棚の下段の食料庫を片付けました。

とっくに期限が切れたものがザックザク。。。。。∑(゚∇゚|||)

お片づけのなんとか っておねぇさんが

「取っておくのはトキメクものだけ」  って言ってたし、

いつか使う とか そのうち食べる  ってものは

たいてい出番が来ないものです。




缶に入ったお茶や海苔。

これもいつの間にか増えちゃって。。。。

とにかく変色してるものは捨てて、

期限切れてても切れたばっかりならアレだわflair と閃きました。






240214_001

まず、フライパンに海苔を適当にちぎって入れます。

今回は全形15枚分ありました。

お水2カップ~2カップ半を入れ 中火にかけ

ふやかしながら崩していきます。

お水の量はあいまいで大丈夫。



240214_002

海苔の本来の姿になったら・・・・



240214_003_copy

鰹節をタップリめのひとつかみと少し 投入します。

鰹節がなければ 顆粒のだしの素小さじ1杯でも大丈夫です。

つづいて、あわせ調味料を加えます。

醤油  大4

砂糖  大2

みりん 大2

酒   大1

焼いたお餅につけて食べたい 甘辛の調味料です。



240214_006

全体によく混ざるようにあわせ、今回はここで千切りの生姜を加えました。

水分を飛ばすように混ぜながら煎り煮にしていきます。



240214_007_copy

お好みの固さにまとまってきたら 火を止め

あら熱がとれたら煮沸したビンに詰めます。




240214_009

できあがり~ v(@∀@)vィェ~ィ

またなんだかイイ瓶がありましたわ。



さっそく熊家の食卓に登場。

大熊、禁断のおかわりをガマンできず~ψ(`∇´)ψ

生姜がきいてて オトナの佃煮っぽく仕上がりました。

『ご○んですよ』 とかより海苔の香りが豊かな分量になっています。



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

蝶のように舞う!?

240209_006_copy

さっちー、いよいよお洋服だけじゃ 足の付け根の内側がダメで

ポンポリースは邪魔くさそうだし

前に作ったエリカラじゃ ちょっと小さいし

なんかないかなー と思ってたら、

ちょっとシャレた100均で 赤ちゃん用の“あぶたん”を見つけたので

つけてみたら こんな感じ。

これも完璧じゃないけど まぁとりあえずいいかなー って。

ネットで調べたら やっぱりホルモンバランスのせいらしいのね。

来週早々にも お医者に連れてって相談してみることにしました。





そういえば、そんな話 この前 ねこねこちゃんもしてたっけ。。。



そのねこねこから 昨日 アド街のタレコミがあって

よぉ~し 録画セット~ (*゚▽゚)ノ  ←9時は消灯時間過ぎてるし。

そしたら

『最近テニス肘で、PCの前に座れず ブログの更新もままならぬー』

ってらしいのねー。



すかさず テニス肘って お蝶夫人? ってメールしてあげた。




Photo

参考画像。

ふ~む。。。けっこう似てるかも。

眼以外は。





テニス肘といっても ようは 大掃除とかでカラダを急に酷使した

年寄りによくある症状らしい とかで、

おかみっちょん ふと考えました。

最近 手首が痛いのは ソレだろうか。。。。




でもー





年寄りのお蝶夫人だったら。。。。






Photo_2


ミヤコ蝶々さんだよ~ (≧∇≦)






| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

韓飯とnico.ちゃん’sレシピ。

ここんとこ韓国ゴハンが続いてるおかみっちょんです。

先日は 六本木に『歌川なんちゃら展』をねこねこちゃんと見に行って

お昼に韓国料理屋でランチ。





240201_003

スンドゥブチゲ定食。 寒い季節はこれよねーo(*^▽^*)o





240201_004

ねこねこはコラーゲン追加してたよ。。。il||li _| ̄|○ il||li






240208_005

新大久保のコリアンタウンに行った時は 大熊とご存知M姉と一緒に

牛スジ煮込みスープ定食。





240208_004

おかずは全部食べ放題~ ヽ(´▽`)/

でもねー ほうれん草の価格高騰のためか

ナムルはもやしだけでした。。。Σ(;・∀・)





で、 先日 いつも仲良くしていただいてるnico.ちゃんが

ご自身のブログで おいしいチャプチェのレシピを紹介してたので

コリアンタウンで韓国春雨を購入してきました。

おかみっちょん、食べたこともないチャプチェに初トライ~~\(;゚∇゚)/


で、そのレシピを紹介した記事は コチラ! →




240209_001

ごま油で牛肉を炒め、野菜を投入したところ。

赤・黒・緑の色合いがバランスよくてイイらしいので

タマネギともやしのほかに しいたけとにんじんとニンニクの芽を用意しました。

ニンニクの芽は先に少し茹でて、もやしのヒゲは取り除きます。

もやしのヒゲ取りは けっこうポイント高いひと手間です。

詳しくはnico.ちゃんのブログの通りにつくりました。 ←丸投げじゃんっ∑(゚∇゚|||)



240209_004

左がチャプチェ。韓国春雨は茹でると糸こんにゃくくらいの太さになって

普通の春雨よりもちもちした食感です。

韓国の人は この もちもち っとした食感がお好きのようです。

手前はおかみっちょん製 ほうれん草とにんじんのナムルです。

韓国市場で買ってきた白菜のキムチも。

これに韓国海苔で晩ご飯。

けっこうハマってる熊家です。





nico.ちゃん とってもおいしいレシピ ありがとーヽ(´▽`)/

チャプチェ 気に入りましたよ~!




ちなみに、韓国春雨 新宿のドン・キで500グラム入り298円でした。






| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

かる~く近況。

240208_0031


まだそんなに明るくなってない 熊家の外をながめるさっちー。

春が待ち遠しいねぇ。





そうそう、先日 快速おかみっちょん号で

初めての商店街に行ってみました。

横浜ではけっこう有名な六角橋商店街。

なんで有名か っていうと 古くからある  とか

大学が近い  とか

いろいろあるんですが 

火事が多い  ってのもね。。。




さて、まだ探検は途中までなので

商店街の報告はまた後日 ってことで、



Photo

『ラーメン中々』 評判のラーメン屋さんです。

カウンター7席のみで バッグを置くとこも

上着をかけるスペースもないくらい小さなお店。

狙って行ったワケでなかったんですが目についたので入店!

この日は定休日だったんですが

偶然にも臨時営業してて ラッキーでした。


Photo_2

看板メニューの塩らーめん。

お野菜がチンゲンサイ っての 珍しいですよねー。

このスープ、実に端麗で繊細。

ほうれん草のイゴさがあると 台無しになっちゃいそうで

ここはチンゲンサイで正解だなー と思いました。

さらに チャーシューが柔らかくて香ばしい香り。

塩チャーシューめんがダントツでオススメですヽ(´▽`)/








Photo_3

ついでにもう一品。

ケンタロウのレシピの親子丼。赤味噌と砂糖を使うところがミソ。

熊家の冷蔵庫には赤味噌がなかったので甜麺醤で代用しました。

コクがあって ご飯すすみます~ヽ(´▽`)/




ケンタロウさん 早くよくなって復帰してくださ~い。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。



| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

節分。

おかみっちょんが子供の頃は

どこのうちもお父さんが帰ってきて

親子で豆まきをする声が響いてた記憶があります。

翌朝 あちこち豆だらけでねー。

仕事をするようになってからも 家で豆まきをする って同僚がいましたが

「最初にラップで豆をいくつか粒づつ包んで“おひねり”を作って

それを庭に ぽぉ~~い って投げるのよ~」

って 最新式の豆まき法を教えてくれました。

なるほど。それなら豆もムダにならないし、掃除の手間もない!




さてさて、恵方巻なるものが関東に広がってきたのは

ここ数年のことですよね。

それもこれも コンビニ業界の仕業ですよ。

なんでもかんでも 業者におどらされて。

そーそー、この前テレビで

『R-1乳酸菌がインフルエンザ予防に効果的』 とか報道されたら

あっという間にヨーグルト品薄で。

売店も配給制になっちゃてますよっ \(*`∧´)/

ヨーグルトで予防できたらワクチンいらねぇじゃんっ!







で、 恵方巻ね。




240203_004

ん?  これは? 伊達巻か!? Σ( ̄ロ ̄lll)



240203_005

まるで おふとんのようです。。。。

実は、快速おかみっちょん号でちょいと行った

旧東海道沿いの『保寿堂』という昔ながらの和菓子屋さんの

「かすていら」です。



Photo

お店は近年建て直されたようですが、変わらず営業 ということです。



Foodpic2012486

全長およそ20センチ。 じつはこれ ハーフサイズで、

本当の1本ものは37センチありまして、

そのままじゃなんなんで 箱にも入れてもらえます。(箱代別)

熊を待たず 一切れいただきました。

すっしり重く、固いというより けっこう詰まった感じ。

ロールケーキのようなふわふわ感とはちがいます。

卵とお砂糖の 本当においしいカステラ。

懐かしい味ですーo(*^▽^*)o







我が家の恵方巻は。。。。










240203_002

巻いてるぞ。Σ(;・∀・)






240203_003

中の具は 機嫌の悪いねこでした ( ´艸`)プププ







| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

風邪のときは。。。

だいたい、インフルエンザとか大流行のこの時期に

病院内でお仕事なんて 危険極まりないと思います ( ̄◆ ̄;)

『マ゛ス゛ク゛く゛ださ゛い゛・・・ げほげほっ。。』

みたいな人と対面でやってるんですからねぇ。




240128_0011

のど飴とかねぇ。。。



240128_004_copy1

そう。うがい。大事だよね。



240128_006_copy1

ベロのひだには舌苔ってのがあるからねー。

口臭予防にも大事だ。



240128_0171

そうねぇ。寝るとよくなるけど お仕事休めないし。。。(ノд・。)



240128_0111



そんなのあるかいっ \(*`∧´)/






どちらさまも、風邪 インフルエンザ お気をつけあそばせ。








| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »