« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月30日 (木)

役職。


260130_0011



しゃちょーーーーー!!!(>▽<)



どんだけ似合うんだ。。。。






| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

シフトのその後。

シフトの偏りについて この前Sさんと少し話したのね。

「あー、Cから聞いてるよ~」 とSさん。

たしかにワタシばかりが“109”と組むことがかわいそうだとは思ってた とも。


やっぱりその背景にはⅠ田さんが大きくからんでるのは間違いない!

自分は閉め番の翌日の朝番はやりたくない とか

そもそも朝番はやりたくない とか

もちろん“109”とは組みたくない とか

Cと“109”を組ませると トラブルの時 解決できない とか。

でもその代わり日曜日 出ることもある。



って、要求と妥協のバランスが悪すぎじゃね?

しかも 担当部門も「 いーよ 」って 最初は簡単に引き受けるけど

すぐ飽きて 在庫管理がおろそかになる。

そんななのに、

この前 Cと“109”がレジ閉め中に “109”がレジの操作を間違えて

ふたりでは復旧できなくなったしまったとき

自分のとこに連絡が来たのが Sさん・Kっちに次いで3番目だったのが

気に入らなかったようだ って、 おい。。。Σ(;・∀・)

なんか 勘違いしてるー。




でも それをSさんには指摘できないらしいのね。

だからSさんの中にはⅠ田さんに対するストレスが溜まってきてて

もうこれ以上Sさんに何か言ってもムダだし 解決にならない。

だから 自分でなんとかするしかないねー

って 昨日Cと結論に至りました。

はじめからわかってはいたんだけどね。

ちょっと奇跡を待ちたかっただけよ。




そうそう、この前 いいことが。

長年 入院してた女の子が昨年末に退院したのね。

ワタシが勤務はじめる何年も前から外来で来たり入院したり、

で、すっごく具合悪そうなときもあれば

笑顔で売店に来ることもあったけど

ずっと車椅子だったのよ。

で、退院する日 家族と一緒に挨拶に来てくれたんだけど

やっぱり車椅子だった。

何の病気なのか たぶん○山さんは聞いちゃってたかもしれなかたけど

ワタシたちは聞かなかった。

だって すごく難病そうだったんだもの。



ところが 年が明けて

「今日は外来なんですぅー」 って来た彼女は

自分の足で 歩いてたのよ~~~~~!!!! 。・゚゚・(≧▽≦)・゚゚・。

もーウルウルしたわー!

「クララー! クララ 歩けるのね~!」  って。



病院の売店って わがままばっかりなお客ばっかりよ。

特に年寄りなんて 

もう そーやってン十年も生きてきたのね ってヤツばかり。

でも こんないいことがたまにあると 元気出るわー。

ってか いいこと って言えることって

これ 初めてかも。。。。。





260126_0141



猫と内容は関係ありません ( ̄▽ ̄)






| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

シアワセな二度寝の図。



260126_0081

タイトルのまんまっす。( ̄▽ ̄)

かぁちゃんがお洗濯の支度をせっせとして

部屋に戻ってきたら 二人してラブラブな二度寝モード。

ブー・・・ とか すぴー・・・ とか

いろんな音立てて寝てました。ψ(`∇´)ψ




今日はいよいよ1月場所の千秋楽。

全勝の横綱白鵬に 1敗の大関ひよかっぱ!

実況の解説などによると

昨年 ひよかっぱは 増加した自分の体重を

うまくコントロールして動くことが出来なかったとか。

それがこのところ 思うように動けるようになって

相撲が充実してるらしい。

今日は 結びの一番で両者が対決するので

ここは大関に勝ってもらって 優勝決定戦で再度  ってのが

盛り上がっていいなぁ。

今場所 綱取りがかかってた稀勢の里はダメダメのうえに

右足負傷でさらにダメダメになっちゃったしなぁ。




そうそう、先日のインタビューで

オバQみたいでおかしかったのが コレ。


260126_0011

激しい相撲だったんだよー。

でも全力で勝ってよかったねーヽ(´▽`)/




さぁ、誰が優勝するかなー? (≧∇≦)





| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

オリジナル鼻紙箱。

猫ばかのSNSで 面白いの教えてもらって

さっそくやってみた。





Photo_2


さっちーの鼻セレブぅ~~~!!!(≧∇≦)



鼻セレブのサイトで作れるよ~。

やってみてみてー。




| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

おかみさんぽ ~26~ 後編。

お待たせしましたー。後編ですよー!

どこまで書いたっけ。

最近、つい今しがた思ってたことを思い出せなくなるおかみっちょんです。

あ、春日野部屋に行ったとこまでだったー。


京葉道路の南側を東から西に向って歩いてきたので

今度は京葉道路を東に向いますよ。



まずは 両国花火資料館に行ってみた。

ちょっと入り口がわかりづらい。

案内は出てるけど これって裏口じゃね? みたいなとこだったー。

で、花火といえば た~まやー♪ヽ(´▽`)/


260111_062

こーんな玉が夜空に上がるんだよー!すげー \(;゚∇゚)/

って見てたら 学芸員さんみたいなオジサンが

いろいろ説明してくれたのね。



260111_064

玉の中とか筒の太さとか、なぜ今まで女花火師がいなかったのかとか。

お相撲の世界と同じだよね。男の世界。

あ、でも今はいるんだって。女花火師。

花火師になりたい って女性がいてもおかしくないと思うけど

ワタシは 男の世界なんだから って貫き通すのもいいと思うけどね。



260111_065

夜空に上がるキティちゃん、どーやって作るのかなぁ と不思議に思ってた。

最初からキティちゃんが花火の玉の中に入ってたーΣ(;・∀・)



260111_0661

熊家のほかに見学者がいないので オジサンはノリノリに。

熊に半被を着せて 写真を撮れ と 半ば強要! ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

そこそこ、あーもう一歩後ろ  とか言って

ちょうど背景に花火の絵が入るように立たせた。



260111_0671_2 

次は手持ち花火の筒を持って! とこちらもノリノリ。

はい もちょっと腰を落として!そうそう。 ってー(≧∇≦)

じゃー次は奥さんも! って

奥さんはいいのよっ! (*`ε´*)ノ



オジサンのおかげで楽しいひとときだったわ。

で、次。 さらに東へ すぐ隣にあるのが回向院。

赤穂の義士たちが吉良を討ち取ったのちに休憩場所に と向ったけど

血まみれの義士たちを見て受け入れを拒否した って歴史にはあるわね。

そりゃそーだわ。ちょっと驚いちゃうわよー。



回向院さんの理念は

「有縁・無縁に関わらず、人・動物に関わらず、

生あるすべてのものへの仏の慈悲を説くもの」 だそう。


260111_075

境内にはにゃんこが何匹かいたわー。

よくみると ちゃんと“お休み処”がしつらえてあった。

このコも なーんも心配ごとなんかにゃい! って感じで

お参りのひとたちにナデナデさせてあげてたわ。



260111_077

わんこやにゃんこや馬や小動物や いろんな供養塔があって

どこもお花がたくさん供えられてたのー。

命の重さはみんな同じよー (ノ▽≦。)

おかみっちょんも猫供養塔に手をあわせてきたー。



260111_078

猫の恩返しかぁ。。。

恩返しなんかいらないから 時々戻ってきてほしいなぁ。



260111_070

そうそう、回向院はお相撲とも縁が深いところ。

今のような相撲社会の始まりの基礎は ここ回向院からだった とのこと。



260111_080_2

もともとは社会事業の寄付集めから始まったのね。

東日本大震災の直後、

横綱白鵬をはじめ相撲協会全体が被災地にいろんな援助をしたり、

いまでも場所中には募金箱がおかれてたり

東北の物産を広めて販売する「どすこいボランティアチーム」の活動は

相撲の歴史に基づいてるものなのねー。

なんか 今回のお散歩で ますますお相撲が好きになったなぁ。



ってことで最後もお相撲でシメるよ!


260111_083

ってことで、やっぱり最後は横綱の登場。

白鵬のいる宮城野部屋~ o(*^▽^*)o

今回立ち寄った相撲部屋で 唯一 扉が開いていた部屋。

しかも 部屋の前には大きな魚の入ったケースがどーん!

それを狙ってるにゃんこがにゃー! って コイツは逃げてった。




初場所、順調に(!?)進んでますね。

久々の日本人横綱の期待が大きい大関稀勢の里は

残念ながら今場所も綱取りには至らなそう。

でもそんなヤキモキさせれれるのも また一興 かな?

ってことで 今回のおかみさんぽはここまでー。




あれー? 今回のおさんぽには食いネタがないの?

って 思ってる?

そう、実はこの日 ランチ難民になってしまって。

熊の会社の界隈で探しても みんなお休み。

ようやく 築地は?  って閃いて、

あぶなく閉店ギリギリ 中栄さんでカレーを食べました~ ヽ(´▽`)/








| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

おかみさんぽ ~26~ 前編。

今年初のおかみさんぽは 土俵祭りの終了後からスタート(*゚▽゚)ノ

前日からだいたいのルートは考えていたんだけど

熊がイマイチ参加するんだかしないんだかハッキリしなかったので

もうどっちになってもイイやー と思ってたら やっぱ行く ってー。( ̄▽ ̄)


260111_035

だって 見てよ。この青い空!

櫓には板番付も掲げられて いい雰囲気じゃない。

両国を歩いてみましょうよ。



とは言っても両国もいろいろ見るとこたくさんなのよね。

で、今回は 大熊も飽きないようなトコに寄ってみましたー (・∀・)



スタートは国技館の西、清澄通り 二之橋北詰交差点あたりから。

実はまず最初に寄りたいトコが 見つからなかった!

閉めちゃったのか お休みなのか まったくわからなかった。

なんか先がヤバそう。。。

でも次の目的地はすぐに発見。



260111_036

ちょっと昭和レトロな建物は二所ノ関部屋。

なんとか観光ホテル とか ホテルニューなんとか みたいな雰囲気。

今は使ってないのか人の出入りが感じられないなーと思って

あとで調べたら昨年の1月場所後に部屋自体は閉鎖になったらしい。



260111_0371

でも二所ノ関部屋は名門。だってあの名横綱 大鵬のいた部屋だもの。

いまでも二所一門といえば大きな組織だわ。

組織っていっていいのかわからないけど。



二所ノ関部屋のすぐ近くにあるのが両国公園。

260111_038

ここは勝海舟の生誕の碑があるのねー。



260111_040

勝海舟役っていろんな役者さんが演じてるから

いろいろ好みが分かれるとこだけど

おかみっちょんの中では「篤姫」の時の北大路 欣也かなー(≧m≦)



方角的には西に移動中よ。

両国公園でイヤホンで音楽を聴いてるお相撲さんを横目でチラ見して

次に向ったのは


260111_043

はい、時津風部屋。ここはバラエティ番組でも人気の豊ノ島関とか

元高見盛(現・振分親方)に「あのやろう!」と言われた時天空関がいるわ。



260111_044

もともとここは 横綱白鵬が尊敬して止まない 元横綱双葉山が開いたのね。

今ではここからいくつか分家してるみたいで

ここもいわゆる一門の本家にあたるんだわ。



で、すぐ近くにあの有名なあの場所よ!


260111_049

じゃじゃーーーん!! 吉良殿 お覚悟~~~!!

と 吉良邸跡なんだけど、一応 本所松坂町公園 ってことになってた。



260111_0501

なんかちょっと怖い。熊家は赤穂贔屓なので。。。

公園は小さくてこじんまり。吉良邸ってやたら広かったのよね。

だからここはほんとに極一部、おそらく

当時の勝手口より小さいんじゃない? って思ったわー。



そうそう、江戸城 松の廊下において『にんじょう』におよび・・・ って

忠臣蔵の一節にあるじゃない。

ワタシ、「人情」だと思ってた。 いいじゃん、人情。って。

違ったね。「刃傷」なんだね。刀で切りつけるって字だったー Σ(;・∀・)

ってなことを考えながらさらにそのまま進むと


260111_053

はい、出羽海部屋に到着。数分よ。吉良の首洗ってから。

ここは師匠をはじめ 部屋付きの親方衆が元有名力士さんばかりで

あのかわいい稲川親方(元・普天王)もいるんだわ。

なのに関取 いわゆるお給料をもらえる強い力士さんがいないのね。

みんな 頑張ってー!\(;゚∇゚)/



260111_058

すぐ並んであるのが 井筒部屋。師匠は元・逆鉾。

さっき通った時津風部屋の一門なのね。まぁ のれん分けみたいな感じ?

相撲部屋って分家したり 親方籍を取得して新しく部屋を開いたり閉じたり

けっこうチョロチョロ変化してて難しいわ。

で、ここは 熊家の通称“ひよかっぱ”鶴竜関が部屋頭。

その下は三段目だから もっと頑張らなきゃねー(*゚▽゚)ノ



ここまで来ると地図では一之橋北詰が近く。

もう少し行くと隅田川にぶつかるよー って手前にあるのが


260111_059

春日野部屋。ここは幕内力士3人のほか、十両・幕下 と

顔ぶれがにぎやか。

だいたい相撲中継がBSから地上波に移る時間帯以降に見る顔もいる。

ってことは上位力士ってことよ。

あ、そうそう。相撲部屋って 低層建物なイメージがなんとなくあったんだけど



260111_061_2

実際にはどこもこんな感じで高層マンションなのよ。

1階の、部屋の入り口なんて そこらへんの町の銭湯の入り口みたいなのに。

まぁ全部がその部屋の関係者なのかどーかわからないけどね。

でもどこも共通してるのは 入り口には自転車がずらーっと止めてあった!




ってな感じで東から西に、相撲部屋めぐりを中心に歩いてみました。

後半はここから折り返して京葉道路を西から東に向ってみますよー。



| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

土俵祭に行ってきた。

新しい年が来て、まず楽しみなのが箱根駅伝。

その次が初場所ね。

その初日を明日に控えた今日、

かねてから一度見てみたかった土俵祭に行ってきました。

取組みはないので 入場無料の自由席。



260111_004

いいお天気でよかった~ (◎´∀`)ノ

開始は10時、開場は9時45分。

でも9時過ぎには国技館前にこんなに列が出来てたー!

本場所中は左にある正面入り口から入るんだけど

今日はチケット売り場の横の通用門から入場なの。



260111_001

中央入り口前には 優勝力士額が飾られてますよ。

これは土俵祭りの後 贈呈式でそれぞれの力士に贈られ

本場所が始まると除幕式で場内の天井付近に掲げられ披露されます。



260111_002

これがまさかの絵なんだよねー。

ずっと写真だと思ってきたから 絵だって知った時は驚いたわー。



260111_014

中に入ると三役以上の力士の席と 協会理事の親方たちや

役員さんたちの席が土俵の周りに用意されてた。

すでに着席してる力士も何人か。

琴奨菊と琴欧州、栃煌山や鶴竜や豪栄道 の顔もあったわ。

みんな大きい!

で、この写真のいちばん右に座って 後姿からもおっかなそうなのが

元武双山の藤島親方。でかい。。。\(;゚∇゚)/

その左隣の元寺尾の錣山親方と比べてもその邪魔っぷり 大きさが。。。



本場所は何度か観戦してるおかみっちょんだけど

実は大熊 今回が初国技館!

ずっと昔からお相撲大好きなのに 何で今まで来なかったん!?



260111_0111

ちょっと比較してみたい  って言うので後ろから撮ってみたけど

大きさが全然ちがうよ。

大熊は普通では大きいって言われるけど

力士や元力士の体格からすれば 新弟子並み。

貫禄もぜんぜん!( ̄▽ ̄)

本人は自分のこともっと大きいと思ってたらしいけどね。



260111_0161

ワタシは“子泣き爺”呼ばわりしているけど 呼び出し秀男さんは立呼び出し。

たくさんいる呼び出しさんの頂点の人。



260111_020

さて、土俵祭が始まりました。神事なのでお客さんもお静かに。

武双山 頭 邪魔!( ̄◆ ̄;)



260111_022

土俵祭は いわゆる土俵の地鎮祭。

土俵の真ん中にお供え物を埋めて 神様に本場所中の無事をお祈りします。



260111_023

立行事が祭主をつとめ神事を取りおこなうのよ。

介添えの行司さん(白い装束の人)たちは 土俵の四隅、

春夏秋冬の方角にお酒を注いで清めたり

土俵の周りにいる参列者たちにお神酒を注いでまわったりする。

すべて粛々と執り行われてるんだけど

こーいう儀式って 静かだから眠くなっちゃうでしょ。

ワタシたちは特別なことだから興味深々で見てたけど

2階席にいた力士たちは居眠りしてるのもいたわ。

横綱白鵬でさえ ちょっと眠そうだった。



260111_087

(ネットより拝借)

最後に立呼び出しを先頭に 振れ太鼓が土俵を3周して

本日の土俵祭は無事に終了となります。



260111_0281

土俵祭が終わったら 呼び出しさんたちが

土俵の真ん中に開いた 供物を納めた穴を埋めたり

ヒビの入ってる部分を補修したりしていました。



260111_0311_2

土俵祭の終了後 隣接する相撲教習所で相撲塾が開かれます。

先着100名の早いもの勝ち。

熊家は出遅れてしまいましたー。



260111_033

おかみっちょんがトイレに行ってる間に

大熊の前を白鵬が横切って行ったって。

けっこう興奮してたよ 熊 ( ´艸`)プププ

正面入り口前に飾られてる優勝賜杯や盾。

初場所では 誰の手にー? (≧∇≦)




260111_086



せっかくポスターに採用されたのに

日馬富士 今場所はケガで休場だって。

じゃあ これで白鵬の優勝 間違いなしだねーヽ(´▽`)/







| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

いろいろ解決の方向。。。か?

Attachment00


いきなりラーメンの画像でこんにちわ。

今夜からとびきり寒くなるってらしいよ。

昨日の夕飯はおでんだったけど

今夜はプデチゲの予定。

またお鍋!(≧∇≦)



今日 仕事を終えて 熊家山を下りてスーパーにお使いに行ってね。

その帰り、ちょうど14時少し前だったわ。

なんか頭上が騒々しいのがヘルをかぶっててもわかったのよ。

バイクで走りながら見上げてたらタクシーにぶつかりそうになったわさ!

で、ヘリコが6~7機 すごい勢いで飛んでった。

あー アイツが捕まったんだ ってすぐわかったわ。

そう、おととい 横浜地検川崎支部から逃走してたヤツよ。

急いで家に戻って すぐにテレビつけたら案の定。

それにしても 意外にも自分の近くにいたんで驚いたわ。

移送の様子を空から追っかけてたのはNHKと日テレ。

テレ朝が『京都地検の女』をやってたのには

あまりにもタイムリーで笑った!(≧∇≦)






仕事のシフトのハナシ。

Sさんはやっぱり不公平を感じていたって。

でもこれはもうマネージャーに言って 公平にしてもらうしかない。

それもそうなんだけど

このテの話題がけっこう好き ってコメをいただいて

すっごく気持ちがラクになったのーヽ(´▽`)/

なんかみんな同じお悩み仲間なんだなー って。



今日、Cと話したのよ。

こうしてブログとかに書くのって陰口みたいで どぅ思う? って。

そしたらね

「こーいうトコでうさ晴らししなきゃ やってらんないじゃないですかっ!」 

って言ってくれたのよ。

確かに前も○山さんとやって 何度辞めたいと思ったことか。

でもここに書き込んだりして気持ちをなんとかやりくりできた。

“109”が辞めないんならワタシが辞めてやる! って思ったけど

あいつのために自分が変わるなんて やっぱりばかげてるよね。



それに、Kっちが自分の持ち分を“109”にいくつか分担したこともあり、

できなくてももっとやらせる  みんながもっとそれを理解すれば

本当に民主的に公平になると思うので

Ⅰ田さん本人には言わずに マネージャーに話そうかな って。

Sさんもシフトのことはマネージャーに言いたいって言ってたし。

“109”の顔を見るたび、声が聞こえるたびに不愉快で

胃の内壁がただれそうな気分だけど

あたしゃ負けないわよっ!凸(`Д´メ)




| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

冬の風物詩。

毎年恒例のコレ。




260107_001

窓の結露 舐め放題。

このために窓ガラス掃除にはクリーナーを使わなかったよ。

さっちーが舐めとっちゃうからね。

舐めはじめは狭い範囲。



260107_005

ほら だんだん範囲が広がってきた。

ものすごい勢いでブレブレだよー\(;゚∇゚)/



260107_020

外側から見る頃には かなりの範囲で舐めとっちゃった。



260107_025

すごい集中力だよー Σ(;・∀・)





年が明けて 新しいシフト表が徐々に作られてるんだけど

やっぱ不公平感もりもりだわ。

特にⅠ田さん、ずる過ぎ。

10日間で6回勤務。 これはみんな同じなんだけど

なーんでワタシだけ“109”と3回組まなきゃなんないのよ (# ゚Д゚) ムッカー

他の人はせいぜい1回、Ⅰ田さんなんか1度も当たらない。

いくらCと“109”とのコンビはレジ〆に不安があるっていったって

どんどんやらせて覚えさせなきゃ

いつまでたってもアイツはラクして給料もらってることになる。

シフトは主にSさんとⅠ田さんが作ってるんだけど

今回のシフトはひどいよー。

まだ後半があるから その作り方によっちゃ アタシ 考えるよ!






| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

年末年始の年始。

前回の記事では 熊母にたくさんのお見舞いコメをありがとうです。

昨年 熊母は2回? あ いや 3?4回?

とにかく何度も入院しちゃった忙しい年でしたよ。

骨折だけでもこれで何度目?ってくらい

いままでに何度もやってるんだけど

そのたびに 脅威の根性見せてくれるんですよっ!

なので 今回も 案の定って感じで。大人しくしてませんでした!(・∀・)ニヤニヤ



でも一応おかみっちょん エプロン持参で乗り込んだので

元旦のお雑煮作りにちょびっと参加。

あとは熊と近所の八幡様に初詣に行ったー(*゚▽゚)ノ



260101_011

今年は午年。天高く駆けて行くのだー!(◎´∀`)ノ



八幡様で甘酒をふるまっていただいて 恒例のおみくじ!

なんと 熊と同じ番号を引き当てて 当然だけど2人とも同じ「大吉」だった!

さっちーのゴハンも たぶんもう空になってるだろうと思い

早々に熊実家を引き上げて帰宅。

やっぱりお皿は空だったー Σ(;・∀・)



2日と3日はこれも毎年恒例の箱根駅伝。

なんだけど、今年は往路復路ともテレビで観戦しちゃった。

だって 帰って来るまで飲めないからねー。

昨年は「山の神」の抜けた穴が埋まらず 残念な結果だった東洋大も

今年は見事に復活して完全勝利。

母校の優勝に 大熊も大満足のお正月



と言いたいとこだったんだけど

駅伝見てる最中に さっちーが またまたかぁちゃんのお布団で

猫汁 ぶしゃー!! 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

この前 2週間前にお洗濯から戻ってきたばっかりだったのにー。

泣くに泣けないー。。。。。

でも仕方ない。また丸洗いに今日 出してきたよ。。。とほほ (;´д`)




260103_023

ぜんぜん悪いと思ってないこの寝顔。。。。



4日にはもうお仕事だったのよー。

でも熊は世間並みの9連休だった。



260105_001

連休の最後は“たこパー” (たこ焼きパーティー)。

久しぶりにやった。楽しかったけど腹がおかしくなっちゃったよ。



今年はとにかく食い意地をはらないように気をつけなきゃ。





ホントはもっと何か書こうと思ってたことが

あったような気がするんだけど

思い出せない ってことは たいしたことじゃなかったのかも。

まぁ また思い出したら書くわ。



ってな感じで 熊家のお正月は終了。

また来年までー (*゚▽゚)ノ



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

年末年始の年末。

昨年のおわりに 熊母が腰のあたりを骨折してしまって。

状況は軽かったけど まだ退院後のリハ中。

「コルセットしてるし不自由がいろいろあるから

今年は1日早く来てお買い物手伝って」 って依頼があったので

いつもは大晦日の一泊限りだけど 今年はもう1日前の日から熊実家に。

ってか、ばぁちゃん その状況で築地とか危ないよー(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

って思ってたんだけど 結局その前の日にすでに行ってきたって。

でも予定どーり30日から熊実家入り。 さっちーはお留守番。

今回もシッターさんにお世話になったのー。ありがたいー(*゚▽゚)ノ



260101_010

・・・・・むむむ。。。。。 ぜんぜんくつろいでるレポが来た。

シッターさんにメロメロだ。( ̄◆ ̄;)

「さすけちゃん お薬大きい粒なのに 上手にごっくん出来ました。

いっぱい褒めてあげちゃいましたー」 って 相思相愛っぽい。

これなら安心だよね。シッターのことねこさん ありがとー ヽ(´▽`)/



熊実家に着くと 甥っ子は久々に大熊に会えて大喜び。

姪っ子は今年6年生になるって もうお年頃。

女の子特有の自分の世界があるので あまり“構ってheart02オーラ”も出ず。

子供が苦手なおかみっちょんとしては助かります。



260101_0031 

遊び疲れてお昼寝もべったりー (≧∇≦)

熊は本当なら良い父熊になれたのかもね。。。

(それとも たまに会うからつきあえるのかな?)



熊実家のメインは大晦日。

元旦は熊兄たちが初稽古に朝から出かけるのでとっても慌しい。

ご馳走は大晦日。紅白とか笑ってはいけないなんとかを見ながらいただく。



260101_004

熊母が骨折を物ともせずに買ってきた酢だこ。

おかみっちょんの腕と同じくらいの太さがあったよ!\(;゚∇゚)/



260101_007

これも撮る? って聞かれたので 撮った。

丸ごとのタコって なかなか買わないし、見ない。

熊母が指で頭を押さえて撮影を手伝ってくれた。

実際は大笑いしながらで けっこうグラフラしてた(≧∇≦)



あとは紅白の蒲鉾(もちろん鈴廣の)とか美味しいお刺身とか

みんなが大好き鶏の唐揚げとか テーブルにいっぱい!

熊母はお気に入りのEXILEの「ヒロさんがラストステージなのよー」って

けっこうテレビに夢中でかわいい。

翌朝は寒稽古があるので 熊兄一家は12時前に撤収して2階へ。

熊家は下でゴロゴロ。

甥っ子は 一緒に寝る って 泊まっていきました。




珍しく大熊も12時過ぎまで起きていたけど 限界が来て先にダウン。




260101_008

今年初のたなくじは なんと100万馬力吉だったよー!o(*^▽^*)o



いい年になりそう!





| | コメント (9) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

謹賀新年でございます。


明けましておめでとうございます。

本年も熊家をどうぞよろしくお願いします。



251229_0051a






な・・・なんと失礼な!

ドコんちの猫だ!?




うちの王様でーーーーす(≧∇≦)




| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »