« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月30日 (水)

作ってみたー。

毎年 オバチャンたちを悩ませる“木の芽どき”になりましたね。

みなさん 体調はいかがですか?

今年のワタシは まぁまぁですね。

実は昨日もちょっとアレでした。

毎年 寝れなかったりメマイがしたりツライ時期だったけど、

寝れないなー って日が続いたら、

さっさと眠剤つかって寝るようにしてるし、

お腹ゆる~い・・・ ってなったら

さっさと整腸剤使ってるし。

まぁ とにかくお薬が大好きなおかみっちょんです。




このところ さっちーの件でどん底凹べっこりなかぁちゃんに

各方面からお励ましのコメやメールなどいただいて

あー ワタシばっかり弱きになっとるー!イカンイカン!!

と 反省しちょります。。。。スンマセン

ありがたいことです。

こーやって さっちーのおかげで遠いトコにもお友達ができて

さっちー の日々を見守ってもらえるなんて。

しかもいろいろ有力な情報もいただいたり。

ちょっと気が向いて始めてもう少しで丸8年。

ブログ始めてよかったなー ってまた思う今日この頃です。







さて、そんな中 ちょっとしたものを気晴らしに作ってみた。

って ようやくタイトルの本文かっ!Σ(;・∀・)


Img_1711a

いやぁ~ ホント大したものじゃなくてすみませんね。

ボックスティッシュのカバーですってば。

でもこれにも おかみっちょんの脳みそなりに工夫が。

36センチ角の布を裁つときに

布目に沿って裁つと 出来上がりの際に猫がナナメになっちゃうので

表布だけはバイアス方向に裁ったー。

ボックスを“キャラメル包装”する式なので

こーすれば 正面の猫がちゃんと横に並んでくれるってワケ!

まぁ そんなこと自慢にもならんけどー (´・ω・`)

冬の間は まさに冬眠してたミシンも

ちょっとづつ活躍の機会が増えてきそう。






さっちーはあいかわらず毎日調子がグラグラしてますが

今朝はワリと元気に抱っこを催促してますねぇ。

目が赤かったりして 見た目がグロくて

それで精神的にまいったりするんですけど

でもでもやっぱり宇宙でイチバンかわいいさっちー。

さすがわが息子! ( ´艸`)プププ ←ばか親






ではまたー(◎´∀`)ノ

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年3月26日 (土)

まさに猫の目のようにクルクル変わる。

頻繁にブログを更新するとコメ書くのが追いつかん!(≧∇≦)

と 某尾張の国の城主から意味不明なご意見をいただいたので

ちょっと間をおいてみた。

ってか 書かないでいる努力は必要なかったんだけど。(・∀・)





さっちーの様子はコロコロ変わりまして。

ひどい時は朝と昼と夜と それぞれ状況が違ったりして

その度にハラハラどきどきの日々。

前の晩は目が赤かったけど 朝には少しひいて

昼 仕事から帰ったらけっこうキレイだなー と思ったら

寝る前にまた赤い・・・とか

もう時間単位で波が上下してます。

考えてみれば 猫の1年はほぼ4年分に相当するとか。

だとすると 毎日4倍の速さで時間が過ぎて行く。

人間だって重病で入院すると 「今日は少し調子がいいの」って起き上がったり

またその逆だったりするわけで

猫が1日の中で調子がグラグラするのもあり得るのかなー。





昨日なんか ワリと前の日から状況は落ち着いてるなぁ と思ったのに

午後3時過ぎに病院に連れてったら

もう指でこじ開けても眼球が見えないくらい瞼の裏の浮腫がすごくて!

今さっき元気にムシャムシャゴハン食べてた時はなんでもなかったのに

なんでいきなり 目がつぶれてるん!? ヾ(*゚A`)ノ って

けっこうなパニックになって取り乱してしまったおかみっちょんでした。

そして今朝もまだあまり目は開かないし涙もなかなか止まらない。





いつものテマリルPを飲ませると

だいたい3時間くらい経ったころから食欲が出始める。

このところ毎夕 そうだなぁ だいたい・・・

関脇が出てくるあたりの時間帯に飲ませてる。 ←いまだけ限定な時間帯。

その後 晩ご飯と夜中のトイレのついで食いは安定。

朝はギリギリ。気が向けば食べる。

その後は気温が上がるまでとにかく寝てます。





昨日はいつものほうの病院の院長の日で

テマリルをもらいに行くのに連れてったんだけど

眼に関してはお手上げな様子。

B病院で大学病院の先生の指示に従うのがベストだ って話。

なんかー やっぱ 「町医者」なんだなー って思った。

こーいう症例を診たことあります? って聞いても

言葉をにごす感じ。

それは自信がないというより ヘタなこと言ってそれを“診断”とされたら

後々もめるかも、もしくは そーいうことを避ける? 的な?

設備がないとこで中途半端な無責任診断はできない ってことなのかなー。

患者側としては必ずしも良いことばかりじゃなくても

本当のとこを聞きたいわけなんだけど

まぁ今のご時世 いろいろあるのかなー と思ったり。




そうそう、イケメンマスクマンが最初に診たときに

「食欲はあまりない」ってカルテに書かれて体重も少し落ちてたんだけど

そのワリには 昨日はこの前より100g増えてた。

まぁ悪い事じゃないからそれはいいんだけどね。


それと、これって 「動物病院あるある」じゃないかと最近思うんだけど、

動物病院の検査って 有無を言わさぬ感じでするでしょ。

そろそろしたほうがいいですよ  とか

検査すればわかるので  とか。

まぁ「この検査はいくらです」 って言いながら診る医者なんかいないけど

検査でその先の道筋が立てられる ってぇのなら

そりゃもちろん検査した方がいいわよね。



でも、先週とかみたいに何度も眼圧計ったりとか

昨日みたいに 光を当てて眼の中をのぞき見ても

結局 「専門医に診てもらって」 って言われたら

じゃーその検査 意味なかったんだから 返してください って

言えるものなら言いたい って思っちゃって。

検査で診断できないんなら もっと勉強しろー!とか思ったし。

だってー その検査料で 次のお薬が買えるんだよ~!

もっと有意義な使い方ができるのにー。(。>0<。)

ワタシはケチか? ケチなのか?





Img_1704a

3日前のさっちー。

この日はわりと調子良かったんだけどね。。。。




| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

見せびらかしのお知らせ。

具合が悪い時はどーしても暗い記事になっちゃうの

しょーがないんだけどさ、

実は そんな中 イイお知らせも舞い込んできたの。

以前 minneっていう手作り作家さんの販売サイトで

さっちーの鼻血ンぶーブローチを作ってもらったのをご紹介したの

覚えてる?  わよね。

あんな衝撃的なの 忘れるワケないわよね。

けだまや さんって作家さんよ。





Img_1677a

くつろいでるとこ 悪いわね。 ちょっと協力してちょ。

すげーウザそうな顔。( ̄▽ ̄)



この鼻血んぶーがね、

正式には「ふぐふぐブローチ」っていうんだそうだけど

なんとっ!

『猫びより』の5月号に インタビュー付きの記事で掲載されるんですって!

つきましては さっちーのお写真を・・・   って。

どーーぞどーーーーーぞ!!!

もう喜んで使ってください!!ヽ(´▽`)/




Img_1682a


今日は思ったほどまだ気温が上がらないのよねぇ。

だから お日さまの出番待ちなの。





Img_1679a


みんな 猫びよりの5月号は 4月12日発売だよー!


と王様のお言葉でした。

たぶん写真は小さいものだと思いますが

けだまやさんの作品を 是非お楽しみください!




********************************************


追記






けだまやさんから

やむを得ず写真の掲載が少なくなってしまって、今回は・・・

とお知らせがありました。

紙面の都合なんでしょうが んーーーー残念!!

体調不良のさっちー(とかぁちゃん)に 元気をもたらしてくれたんだけど

まぁ仕方ない。

でも けだまやさんの作品はどれもスバラシイので

是非 『猫びより』お手にとってご覧ください!






| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年3月19日 (土)

で、医療費ってどのくらい?

さっちーと出会った頃は 人生まれにみるどん底だったので

保険に入るなんてこと まったく考えたりしなかったし

そんな余裕もなかった。

なんせ前猫の治療費もそんなにかけてあげられなかったんだよね。

でも今思えばワタシが食べなくても

猫に治療をさせてあげればよかったのかな って

すごーく後悔することもある。

あのころは今ほど動物用保険が定着してなかったように思うけど

ある程度のとこで入っておくべきだったかなぁ と。

でも 入れるだろうか って思ったのは

尿路結石で真夜中に救急病院に駆け込んだ時で

そんなことがあったら 恐らくは入れない?



ちょっと調べたら、

0歳の健康なにゃんこで 月々2~3千円くらいかららしい。

7歳いっぱいまで加入可能のようだけど

掛け金は年齢があがっても めっちゃ変わるってことでもないみたい。

だいたい年間3万~4万半ばくらいの金額なんだね。

ざっくりだけど。





まだ治療が始まったばかりだけど

今回の通院が始まってからどのくらいかかったか。

気になる人もいるかもしれないと思って

参考までに記録しておこうか。





まず さっちーがいつも飲んでるテマリルPというお薬。

これをだいたい4週間~6週間くらいに1度もらいに行く時

3,000円ちょっとかかってる。




それで、最初に目を見てもらったのが2月28日。

再診料・眼科検査・処方料・点眼薬2種 で 8,200円。

3月3日。

再診料・眼圧検査・処方料・止血剤 で 3,700円。

3月8日。

再診料・眼圧検査 で 3,000円。

この日は2次検査の病院を紹介してもらったので

そちら(以降 B病院 としておこうかね めんどくさいから)。

診察料・眼圧検査・超音波検査 で 7,500円。

3月10日。

再診料・採血と検査・完全血球検査・眼圧検査・処方薬・内服薬 で 12,400円。

3月17日。

B病院で診察料と血圧検査 で 2,100円。

ねこ病院で再診料・眼圧・処方料・内服薬 で 5,600円。

10円単位は切り捨ててあるけど

ここまでで42,500円だ!

たぶん、7歳のコが新規に保険に入った場合の年間保険料くらいを

ひと月足らずで必要としたってことになる。






実は、ソロキャン用に貯めてた500円貯金があってね。

それを支払いに充てたり

1万を越えたらカードで払ったりしたもんで

こうやって書き出すまで ちょっと実感なかったんだけど

やっぱり数字で見ると 治療費かかってるねぇー。

でもさぁ、ちょっと眼圧 多くない?

1日に2度やったときもあるからねぇ。

なんか簡単に検査料とれるから? とか思っちゃって・・・

イカンイカン!そんなこと思っちゃ。 ね。

眼圧測定 大事よ。 ね。。。

ちなみに 眼圧検査は ねこ病院 2,000円、

B病院は3,000円です。





Dscn1615c


ブラックスワンも保険に入れって言ってるよΣ(;・∀・)





でもね、どーしても書いておきたいのは

金額の問題じゃないってことなのよ。

それは 上限なく払ってでもなんとしても治療ができる場合も、

いろんな考えや事情で ある程度のとこで納得の治療を選択する場合も

愛情は同じってこと。






この前、さっちーの状態はなんなんだろう ってネットでいろいろ調べてたら、

結婚した相手の連れ猫が短命になるにはどうしたらいいか っつー

世にも恐ろしい質問をしてるヤツがいたの。

結婚するときに 猫はイヤだって言ったんだけど

猫も一緒じゃなきゃ結婚しない って言われ (当たり前だ)

猫が病気になったら病院代は1ヵ月に5,000円まで、

それ以上長引く大病になったら即安楽死 ってことで

しぶしぶ了解させたんだけど

もちろん エサに毒を入れるようなことはしたくないので

自然に命を縮めてもらうにはどうしたらいいか っつー・・・





はぁーーーーーーーっっ!?





な話よっ!!

ちなみに猫を連れて結婚したのはダンナの方で

早く死んでもらいたい って質問してるのは鬼嫁のほうよ。

あ、ちなみに ワタシの仲良し猫友の“鬼嫁ちゃん”じゃないからね!(≧∇≦)





アタシねぇ・・・

よくそんな女と結婚したよな その男 って思った。

女なんて 他にもいるのよ!(男もね。)

でも その猫と出会ったのは一生に一度の奇跡なのよ!

なのに なに? 大病したら即安楽死!?

治療は月に5,000円?

高齢になって腎不全になったら そんなもんじゃ足んねぇんだよっ!

ばっっかじゃねーーーのっ!?



お前が死ねーーーーー!!!

ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;






ふぅぅ・・・・・








この前の記事を書いた日はけっこう調子良かったんだけど

そのあと また目が赤くなったり

食欲落ちたりしてるさっちー。

波 あるよね。。。

でも 大波も小波も 乗り越えて行くよ。

行けるとこまで いっしょにがんばるよ。



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年3月17日 (木)

さっちーを考える。

この前 いつものテマリルPをもらいに行った際に

そろそろ半年だから と院長先生に言われて血液検査をしたときは

BUNが多少高かったものの Cre値は前回よりほんの少し下がって

このまま腎サポごはんでいけば ある程度までは進行を抑えられるだろう

そんな話をしたばかりだった。

17歳を考えれば いい状態だといってもいいのではないか

そんな嬉しい結果だったんだけど

その翌週。





Img_1580b

かぁちゃんを見上げるさっちーの左目がおかしい。

下の方に血豆が見えるし 瞳孔も右より開いて 少し出っ張ってる気がする。

気づいたのは夜だったので 翌朝の日曜日さっそく病院に連れてった。

院長は毎週金曜日しかいないので

仕方ないけど“イケメンマスクマン”に診てもらった。





眼圧は少し低く、反応も鈍い。

なによりその前の日 さっちーの耳がすごく熱くて

食欲もなく とてもダルそうだった。きっと熱があったんだろうな。

マスクマンは これだ!という決め手がないようだった。

ねこ病院はねこ専門だけど 設備に限界があって

眼科には詳しくないみたい。

目薬を2種類もらって様子をみようって 帰宅。

そして数日して 再び病院へ。




Img_1591a

いったんはこんな感じに回復したように見えたんだけど

よく見るとやっぱり左目の方が瞳孔が開いてる。

マスクマンによると、目の病気は

罹るのは早く治るのは何倍も時間がかかるのだそうで

まだまだ投薬を続けましょう と。

このまま良くなってくれるのかなー と思ってた。

甘かった。



Img_1600a

左目が真っ赤になってしまった。

この写真でもわかるように 右目は光を反射して光ってるけど

左目は光を跳ね返さない。

血豆みたいなのもまた見えてきた。





何度も病院に連れていかれて さっちーはヘトヘト。

マスクマンはもうお手上げのようだったけど、ワタシはネットで調べていた。

猫の目に血豆のようなものができるのは

腎臓の働きが悪くなることによって血圧が高くなることが原因らしい。

それによって ぶどう膜という目の一部に炎症を起こし

網膜はく離→失明 ということもよくみられる症状だということがわかった。

ぶどう膜炎になると眼圧が下がるとも書いてあった。

マスクマンもここにきて 血圧が高いのかもしれない と言いだした。

この先の治療を どうしましょうかねぇ という問いかけに

思わず

こっちが知りたいわ!!!!!!

と叫んでしまった。

そのぐらい ワタシはもうドキドキバクバクだったのよ。




とにかく これ以上は ねこ病院では調べられないので

近所にあるもっと高度な設備があるところを紹介してくれた。

そこはちょっとイイ印象がないとこだったので

あまり行きたくない と言ったんだけど

2次検査はそこにお願いしてるので・・・

と マスクマンはすごく困った様子でワタシに言った。

検査はそこでみっちりやってもらって

薬はこちらで出せますから と言われ

とにかく原因をつかまないことにははじまらないし

不本意な気持ちを抱いたままその病院に行った。





結論からいえば 行ってよかった。

以前は悪い印象だったけど 担当の先生はとても丁寧だった。

飼い主にも患者にも 慎重だけど優柔不断ではなかったし

なにより カルテを見て さっちーが17歳だと知ると

「さすけさん」 と話しかけてくれた。

そう。さっちーは王様で、さすけちゃん ではないのだ。

なんか そんな何気ないことが ワタシのわだかまりを払拭してくれた。





やはり腎臓からの高血圧が考えられる とのみたてだったけど

大学病院から来る眼科の先生が診てくれるのは月に2回。

すでに予約がいっぱいで次は来月になってしまうけど

逆にそれくらい時間をかけないと薬の効果はでないかもしれない と言われ

とりあえずエコーと血圧を・・・

が!

猫の血圧って 計るの難しいらしいんですわ。

さっちー 初めての病院で初めての人(しかも♂)に初めての血圧測定なんて

させてくれるわけ ないじゃなーい!

残念ながら血圧は計れなかったけど、エコーで網膜剥離らしい影が見えた。

光に対する反応もすごく鈍い。

今 見えてるか見えてないか・・・って状態です って。

しかも 元どおりには回復しないらしい。

この状態で 出血がおさまったら それ以上悪くならないように

そして右目を守る それが大事だ って言われました。。。






その後 また数日してねこ病院に連れて行って

血圧を下げると同時に心臓の働きを助けてくれるのが期待できる

フォルテコールというお薬を始めてみることに決めた。

聴診で心音を聞くと 雑音はないけど 心拍音が少し弱い って

そりゃそうだろうよー って ちょっと思ったけどね。

だって17歳の猫って いくつだと思ってんの?

人間なら84歳にもなっちゃうのよ。

世の中の84歳のじじぃの どれだけが心音バックンバックンいう?




でも心臓の働きがよくなれば食欲も出て元気も戻ってくるだろうし

とにかくフォルテコール やってみよう。

って薬もらって帰宅したら

その検査した病院の先生からお電話いただいた。

大学病院の先生に質問&相談してくれたんだって。

で、本当は先に血圧を計った方がいいけど

今はフォルテコールの効果に期待しましょう とアドバイスしてくれた。

前向きじゃん! いいじゃん!

セカンドの患者なのに そんなに親身に考えてくれるんだ。

いやぁ ごめんよー 行きたくないとか言っちゃってさ。



そしてそれから1週間。


Img_1657a

これが今日のさっちー。 どう? 少し改善された感じ?

昨日あたりから 赤みが引いてきた感じなんだよね。

ゴハンも食べやすいように腎サポのふにゃふにゃゴハンに変えた。

そしたらけっこう食べて 少しづつ元気になってきた。

そして今日は血圧測定に再トライしに行ったんだけど

おとなしく3回も計らせてくれましたよー って。

なんかそんなとこも 元気が戻ってきたんだなー と感じる。

ちなみに血圧は

1回目  90/55(平均79)

2回目  115/62(平均72)

3回目  120/74(平均89)

だんだんご立腹モードになったのか若干上がってきたけど

これが150だのなんだのって数値じゃないのは

薬がイイ感じなんだろう ってことで このまま続けることになった。

いつも飲んでるカジカジ用のテマリルPも

量は少ないけどステロイドが入ってるので

続けることでそっちからも効果が期待できるらしい。




あと 便秘にもなりやすいんだけど それもまた血圧には良くないらしいので

カリナール2という乳酸菌のサプリをゴハンに混ぜてみた。

速攻 出た。 しかも OB。。。( ̄▽ ̄)

でも詰まるよりぜんぜんイイよ。 




さっちーの目の異常が発覚して約3週間。

その間ワタシは風邪をひいたり またまた膀胱炎になったり と

親子ともども体調が最悪だった。

でも 昨日・今日と 調子が上向きになってきたのも一緒だった。

やっぱりさっちーはワタシが産んだコで間違いないんだなー

なんて思う余裕がやっとでてきた。




腎臓は一度悪くしたらもう元には戻らない臓器。

あれ?と思った時にはすでに機能は低下してるもの。

腎不全は猫の宿命というひともいる。

確かに周りにも 最後は腎不全だったってコ いっぱいいるもんね。

それは若いからならないということはなく

7歳でも9歳でも かかってしまうコはいるので

さっちーがこの歳までなんとかやってこれたのは

本当に「ねこのくに」にいった前猫2匹と

ねこの神様のおかげだと思う。




これからまだまだいろんな症状もでてくるんだろうけど

ひとつづつ考えながら対処していこうと

あらためて 本当にあらためて実感した ここ数週間でした。


Img_1664a_2




そうだね!(◎´∀`)ノ







| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年3月13日 (日)

箱根でグダグダ ③

アド街の話題が②で出たけど

実は昨日(12日)のアド街は 熊家の近所の商店街だったんだわ。

よくメディアに出る魚屋とかね、

熊家も利用する いいお肉屋さんとか出てたけど

基本 そんなに盛り上がるほどじゃない町です。

そんで その裏で 松本清張のドラマやってたよね。

主演は田村正和。

俳優って 年とって 磨かれて さらに渋さも増して

いまだから出来る演技 ってのに心が揺れるんだけど

ここだけのはなし

田村正和は 声がぜんぜん出てなくて

聞き取りづらいもんだから 

テレビのボリュームちょっと上げちゃったわ。




それはまぁおいといて。








宮の下からの移動手段は車でなければ バスか登山鉄道。

バスはいろんな方向へ走ってて うまく乗り継ぐと遠くまで移動できる。

でも この日 熊が行きたいといってた所へは

バスの便がひじょーーに少ない!

このために今回 車で行こうか最後まで悩んでたんだよねー。

でも 行けないわけじゃないんだ! と

珍しく頑張った熊家。





まずはホテルの前から芦ノ湖の東岸に向かうバスに乗る。

途中 満腹と荷物に圧迫され

一瞬 酸欠パニックになったおかみっちょん ヾ(*゚A`)ノ

深呼吸と持参のお水でどうにか平常心を取り戻した。

いやー まいった。驚いちゃったよ。。。






バスで揺られて30分。

駅伝なら5区の山登りのコース。

小涌谷の踏切を渡り ホテル小涌園前を通過しても

誰も旗を振って応援してはくれてないけど

この道はほんと 胸が熱くなるねぇ。

毎年のドラマを見守ってきた坂道。

元箱根の大きな赤い鳥居をくぐったあたりでバスを下りたよ。





Img_1501a

小学校の遠足でも乗ったよなぁ・・・海賊船。

このへんも中国人めっちゃいた。

春節だったんだよねー ちょうど。

なんかあの人たちも 最近は爆買いより 一歩ランクアップしたらしく

日本のいいとこを体験しようツアーみたいな感じで

お金の使う場所を少し変えて来たらしいよね。

でもねぇ まぁ 日本はなんだかんだ言って不景気だから

中国人でもお客が来るなら・・・って考え 仕方ないのかもねー。

あぁ。。。なんか ついグチになっちゃうよねぇ。。。





さて! そんな芦ノ湖には用はないのよっ!! (≧∇≦)

(なら なぜ行ったんだよ! って 経由地だからよっ)

目的地までのバスは30分に1本。

ここからは2Km。歩いて約30分。(もっとかかると思うけど)

バスに乗ったら7分くらいで着いてしまうけど

その間に行けちゃうでしょ。

しかも 雪ふってきたー!!!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ




急げ!急げ!! さっさと歩くよっ!!

Img_1502b

実はね、箱根に来る前に 熊は腰をヤッちゃってね。

それもあって車の方がいいんじゃないかなー と思ったんだけど

本人が大丈夫だ っていうもんで

こんなふうに歩かせたのよ。

最初の1Kmくらいは登り坂だから大変だったわー。

昨日の山道はずっと下りだったからラクだったんだけど

いやー 上り坂 汗だくよー!





Photo


はい。行程マップ。もくもくと歩いて行ったわ。

地図の左側はほぼ登りだったわ。

お玉が池のあたりからは下りになって ワタシは楽だったけど

熊は時々腰に激痛が走って 何度か立ち止った。

もうこうなると 苦行だよな。





Dscn1563a

目的地の近くに 今通ってきた旧東海道のさらに旧道と交わるとこがあって

史跡の碑が立ってた。

雪道じゃなかったらここも歩いてみたかったんだだけどね。

もっといい季節に歩きたいな。

え? 歩きたい? おかしなこと言ってるわね?アタシ。




Dscn1560a

いかにも歩いてきた~ ってとこ撮ってー って熊。

ほんの数歩ぽっきり って、見え見えですよー。

腰は痛いけど こーいうことには のる。( ̄▽ ̄)





Dscn1570

ずっとこんな感じの道ならね。 歩けたんだけどね。

腰も悪いし 今回はね。




Dscn1572

それに 野生動物とか出ちゃったら 走って逃げるの大変でしょー。

熊じゃなくて猪だけど。




Dscn1574a

小雪が舞う中 汗かいて到達したのは 甘酒茶屋。

頑張って歩いたよー\(;゚∇゚)/




Dscn1569a

春と秋に行われてる「箱根スイーツコレクション」に

ここ甘酒茶屋さんも参加してるので

その限定メニュー「唐芋汁粉」を注文。

クリームシチューみたいだけど

サツマイモをここの甘酒で溶きのばした変わり汁粉だよ。

富士屋ホテルのカフェラウンジも参加してるんだけど

昨日はすでに売り切れだったのよー。

それでアップルパイをルームサービスしてもらったの。

「箱根スイーツコレクション」は4月10日までやってるからね。

もうちょっと暖かくなってからでもおでかけできるよ!(◎´∀`)ノ





疲れたカラダに甘いものは嬉しいよね~。

とホンワカしてる間に30分に1本の貴重なバスの時間が近づいてきた。

甘酒茶屋からバスに乗って箱根湯本駅へ。

積もりはしないけど けっこうな雪が降ってた~。





今回は前に1人で来たおかみ旅をなぞるように移動したけど

2人なら入ろうってお店もあるし

それぞれに楽しめる箱根だなー って思ったね。

車でも電車でも近い箱根。

またおでかけしたーい。






熊家のグダグダな旅におつきあい ありがとうございましたっ!(◎´∀`)ノ






| | コメント (7) | トラックバック (0)

2016年3月12日 (土)

箱根でグダグダ ②

箱根の宮の下温泉街。

温泉街といっても 草津やらなんやらといった

いわゆるよくある温泉街の賑わいといったものは少なく

夜の営業時間もせいぜい9時にはほとんど閉まってしまう。

開店と同時に飛び込んでさっさと席を確保せねば。


Dscn1527

前回のおかみ旅でもお邪魔した「みやふじ」さんでお寿司ディナー。

あれ?乾杯のあと?(≧∇≦)

実は夕方のお散歩のとき立ち寄って予約を試みたんだけど

席の予約は出来ないのー と言われてた。

でも 行ったみたら2人用の席がひとつ残ってた。

もしかしたらこっそり取っておいてくれたのかも 

そんな気遣いを(勘違いであっても)勝手に喜んだよ。




Dscn1529

いくらおろしとイカの塩辛でスタートね。

フロア係のオバチャンは3品以上は覚えられないのでチビチビ注文。


Dscn1530

みやふじさんのご主人は小さい折り紙の名人。

店の中には折り紙の作品がた~くさんあった。

こんな小さな鶴だって折っちゃうんだ!



Dscn1534

名物みやふじ巻き。ちょっと見はネギトロ巻きみたいだけど

梅干しが仕込んであるのさーヽ(´▽`)/

箱根湯本は梅の産地でもあるからね。


Dscn1535

それに小田原漁港が近いから 箱根は“山”だけど 海の幸もイイよ!

地物のアジを握りで。 とろけそう~~!!(≧∇≦)


Dscn1537

熊は生ビールを何杯飲んだか覚えてないけど

その間にキンメとカンパチも握ってもらった。

めっちゃうめーーー!!(≧∇≦) キンメなんて鼻血が出そう!

あのね、回転ずしじゃないんだから

寿司屋に行ったら いくら「名物」ってメニューが推してあっても

1品くらいは職人の“仕事”を味わうものですよ。

観光客相手に手間の軽い丼物ばかり注文してたら盛り上がらないでしょ。





今夜中に宿で食べるから って約束で

みやふじ巻きを1人前折りで作ってもらってお土産にした。

熊家 けっこう客単価としては高かったと思うよ。

ほどなく閉店の時間になる頃だから

仕舞いの準備もあったんだろうとは思うけど

帰るとき ご主人が店の外に出て見送ってくれた。





Dscn1539a

お腹はいっぱいのはずなんだけど

ラウンジでケーキを見ちゃったら なんとなく食べたくなってしまって

ルームサービスをお願いしちゃった。

持って来てくれた青年にちょっとある質問をしたら

ちょっとわかりかねます的なお返事だったんだけど

それから数分後 戻った彼は電話でお答えしてくれた。

だよねー そのくらいして普通のホテルマンだよ。

ってか 是非知ってて欲しかったけどね。





おかみっちょんたら また若い子になんのイジワルしたのー?

とか思ってる人?

アタシじゃないしっ! しかもちょー簡単な質問だし!

実はこの日の 「アド街」 が、

この辺り 宮の下の特集だったから

当然ホテルも取り上げられるんだよね? って質問したわけ。熊が。

だって みやふじさんでは店内に告知があったし

まさか富士屋ホテルを抜きに宮の下を語るとは思えないからさ。

とうぜんの結果だけど 1位だったよ。 富士屋ホテル(≧∇≦)



・・・とここまでにしようかと思ったんだけど

ホテルの流れだから朝食までご案内するね。


Dscn1542a

翌朝はメインダイニングで朝ごはん。

どこもかしこもピッカピカに磨きあげられてるよ。

ここは昨日の館内ツアーでも最後に紹介されたとこ。


Dscn1547b

赤じゅうたんの階段の上を見上げると そこには眠り猫の彫刻。

富士屋ホテルの中にはたくさんの動物が隠れてるんだよ。

それを探しながら歩くのも楽しい。o(*^▽^*)o


Dscn1551a

天井には日本に生息する草花の絵が描かれてるんだけど

この四角の絵、同じものは2枚とないんだって。

だから  えっと   全部で何種類の花だったっけ ってのは

忘れてしまいましたー\(;゚∇゚)/



朝食のメニューはランクアップした って熊が言ってたんだよねー。

そう言われてみると 他のテーブルでは別のもの食べてる人もいたなぁ。

熊とはちょっと違うのを選んだんだけど おかみっちょんは

玉子入りオレンジジュース (オロナミンセーキみたいだった)

フルーツ&ヨーグルト (ホテル特製ハチミツがつく)

コーンフレーク

蟹オムレツクリームソース

サラダ

モーニングブレッド (おかわりオッケー。特製イチゴとブルーベリージャム付)

コーヒー




Dscn1553a

シュガーポット。

どんなに小さなものにも必ず富士屋ホテルの刻印があるんだよ。

手前のバターナイフにもキッチリ刻んであった!


Dscn1557a

この蟹のオムレツが美味しかった~(≧∇≦)

カニカマじゃないよ。蟹の足が入ってんの。

なんかこんなことでも罪悪感に近い贅沢を味わってる気分って

やっぱり貧乏性なんだなー (≧∇≦)

それにさ、お皿に天井の灯りが映るほどお皿もピカピカshine

やっぱ いいね ホテルでお食事。

いやー 大満足の富士屋ホテルだったよー。






と 美味しいもの見せびらかして

今日はどこ行く?

じゃあ 最後はバスで移動~。

③ をお楽しみに~(*゚▽゚)ノ




すぐ書いてUPするからっ!(≧∇≦)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月 8日 (火)

箱根でグダグダ ①

またちょっと間があいちゃいましたけど

みなさんお元気ですか?

熊家はそろって風邪っぴきです。

熊の風邪がヒトに伝染りました。。。。




さて、今日のお題目なんですけどね。

実はちょうど ひと月前のお話しなんッス。(;´▽`A``

もう お蔵入りかなー とかも考えたんだけど

せっかく行ったので 記録することにしました。

またまた どこ行ったー 何食べたーの記事におつきあいください。




先月はおかみっちょんのお誕生日月ということでもあり

熊が たまには奮発して旅をしよう と資金を出してくれましてん。

ってか 本人が行ってみたかった ってのが大きかったという噂も。



前にひとりで行ったこともあって 行ってからはこっちに丸投げ。

その前に 行く方法もお任せって感じ。

出発の朝 「8時に出るよ!」 って 1時間半くらい前にエンジン点火!

東海道線で小田原、から箱根湯本。

軽く“鉄っちゃん”の熊にはスイッチバックの登山鉄道。

楽しそうに動画も撮ってたよ(≧∇≦)



今はまだ大涌谷に近づけないので ロープウェイにも乗れないし。

宮の下からの行動範囲が限られてて

とりあえずケーブルカーに乗ってはみたけど

終点で折り返して帰ってきた。



Dscn1456a

こんな坂を登るんだよー。すごいねー。

線路の真ん中に走ってるケーブルで動いてるんだよ。



ってことで強羅まで下りてきて

ちょうど早めのランチにいい頃になった。

何にしようか決めてなかったけど


Dscn1461

とんかつ里久さんに決定。 黒豚 美味しそう!!( ´艸`)プププ



Dscn1458

カウンター席だけの狭い店だけど

きちんとネクタイをしてパリっとした白衣で身支度を整えたご主人がいたよ。

あぁ大丈夫そうだな って思った。

頼んだロースがこの写真の厚切り肉!!



Dscn1460

ごはんおかわりどうぞ って言われた。

キャベツもオッケーらしいのは後で知った。

テーブルにソースがあったけど それはキャベツにして、

お肉は塩でいただきましょう。

豚の脂の甘みが引き立って さっぱり美味しいよヽ(´▽`)/

いいお値段だったけど その価値が分かる人にはオススメです。

かつやでもイイ時はソチラをご利用ください。

最近は値段の数字だけで物を判断する傾向があって ナゲカワシイ。。。



お腹がいっぱいになったので

宮の下の宿までは歩いて行くことにした。

2Kmと少しはほぼ下り坂。30分もあれば着くみたい。



Dscn1468a

おかみ旅の時にデジガメラくんを落とした現場検証。

熊も手を湯につけてみる。 ←熱っちぃ!!



Dscn1470a

湯本からの箱根登山鉄道は新旧何種類か車両があるけど

やっぱりこの古い車両がノスタルジックを感じさせて

また箱根の旅情をかきたてるよ。 いい雰囲気だ。



Photo

登山鉄道に沿って彫刻の森美術館までなだらかに下りてきたら

線路を渡って美術館を突っ切る。

美術館の職員さんが 道がわかるか声をかけてくれた。

あまり観光客は通らないんだろうね この道。

でも今はグーグルがあるから大丈夫なのさっ!(◎´∀`)ノ

そこからちょっとした“冒険コース”でつづら折れの山道を下る。

はい 1国の駅伝のコースに出たよ。

ちょうどそこに 交通事故で亡くなった駅伝選手の碑があった。

その事故以来 コースでの事前練習は禁止になったんだって。



ずっと下りだったし距離も少なかったからラクチンお散歩だった。

奮発の冨士屋ホテルに到着~~\(;゚∇゚)/



Dscn1473

本日の熊家のお部屋は花御殿という建物の なでしこの部屋。



Dscn1477

壁にはなでしこの花。



Dscn1480

鍵もなでしこ。 花御殿はお部屋にそれぞれ花の名前が付いている。



Dscn1481

バスルーム。 お部屋にも温泉が引かれてる。タイルにもなでしこ(≧∇≦)



Dscn1476

入り口横のウォークインクローゼットが広い!!



Dscn1483

建物は古いんだけど あえて新しくしないとこが味だよね。

おトイレのドアも ガラスに模様が入ってて なんともステキ。

(中は洗浄機付き温便座でした。)



Dscn1488

富士屋ホテル名物 館内ツアーの前に ホテルの前を散策。

なでしこの部屋の窓の下にある熊野神社は

宮の下のパワースポットらしい。

旅の無事を祈願する。(怪我やいざこざがありませんように)



Dscn1491a

線路を歩くのは危ないけど 実はホテルの裏の遊歩道が横断してる。

まぁそんなにやたら走ってるわけじゃないからね。



Dscn1519

館内ツアーは毎回違う人が違うルートで紹介してくれるので楽しみ。

今日のスタートはこのオールドチャペルから。

右奥にある大きなオルゴールがアベマリアを奏でてツアーの始まり。



Dscn1493

この日の紹介はバンケットルームがメインだった。

海外からのお客さんが喜ぶような装飾がたくさん。

ステンドグラスには富士山。



Dscn1502

周囲の壁の上部には 日本文化の彫刻が施されてる。

土俵入りの横綱はだれかなー?



Dscn1525a_2

ワタシの好きなドラゴン「あ」くん。


Dscn1523

「ん」くんも 元気そう~(≧∇≦)



館内ツアーはだいたい3~40分。

人が多いと移動に時間がかかるので 少ない場所で説明多め って感じ。

今回はあとメインダイニングの説明で終了。

今回も楽しかったっす。



部屋に戻ってゆっくりしてるうちに

そろそろお夕飯にもいい時間?



ではそこからは ②に続く~( ´艸`)プププ




















| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »