« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月26日 (木)

へばりつく猫。

いよいよ5月も終盤。

真夏日もチラホラあったり。

早い。 一日が早いし ひと月があっちゅー間だ。

となると もうすぐイヤな梅雨だよ。。。(´・ω・`)



おや?



Dscn1670a

お向かいに もぞもぞしたものが見える。



Dscn1672a

三毛~~~!!(≧∇≦) ガラスにへばりついとるー!



Dscn1676a

あ、動いた Σ(;・∀・)

いいなぁ お腹の毛ぇがふさふさだわ。。。

それにしても もうこの時期 そこって熱くないのか?




Img_1946b



王様にはまったく興味ないお話しだとさ。






******** 久しぶりに売店だより *********



ようやく人数が確保できて この夏は余裕だー

と思ってたら

食堂担当のYGさんが 家の都合で辞めることになり、

最年長はりきりバァさんのYKさんが

別の新店舗につきっきりで こっちに来れなくなり、

近々また募集をしないといけないっつー状況になってしまった。

そのうえ Kっちが甲状腺の病の疑いとか言いだし

最年少のEBちゃんは どうもこの先続くとも限らないし・・・

まぁ どこもそうだと思うんだけど

人の確保ってほんと大変よ。

でもウチの場合

時給をもう少しあげたら 来ると思うんだけどねー。






| | コメント (7) | トラックバック (0)

2016年5月21日 (土)

年齢相応 ということで。

木曜日、予約したさっちーの循環器の検査に行ってきたよ。

ここんとこずっとお世話になってるB病院は

いろいろ担当の先生がいて より踏み込んだ検査をしてくれる。

心臓の先生は初めてだけど どんな人かな?



Img_1909b

一週間しないうちにまた検査だからねぇ。。。(´・ω・`)

でもさっちーのためだから 少しがんばってくれ。

この日の先生は ちょっと声が大きいおじさんだった。

「あまりストレスをかけないように

ちゃっちゃと素早くやってしまいますので

待合でおまちになっててくださいねー」

と いい終わるか終わらないうちに さっちーのケージを抱えて

ささーーー っと奥の部屋に

「ぎゃーーーー!!ぎゃーーー!! かぁちゃーーーーん!!」

という声とともに消えて行った・・・ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

ダイジョブカ?




この前の話では 昼前に預かって 午後お渡し ってことだったので

どっかでランチでもして待ってようかと思ってたので

まぁ早く終わってくれたら それはイイ。

ほどなく悲鳴も聞こえなくなり・・・



15分くらいで いつものおねえさんアシスタントさんが

さっちーを連れて出て来た。

この前の手術室で血圧を計るって。

他におねえさん先生もいた。

「あー おかあさん一緒に行ってくれるなら

あたし行かなくてもいいか。ね?

でも かわいいからやっぱり一緒に行こう!

すごいかわいいよねー このコ~ 」

と もうやたら気に入られてるさっちー。

そっか それでさっき急に静かになったんだな。。。

手作りエリカラーにもすごい感動してたし。



血圧は 女子だけの測定だったせいか

5日分の薬の効果が出たのか

とにかく この前と“100”違った!

上下・平均とも200超えだったのが

上161、下91 平均117 と かなり標準に近い。

しかも この前は30分もかかってようやく3回計測だったのに

この日はほんの15分くらいで6回も計測。

しかも後半は手術台にゴロンの寝そべってリラックス♪

なんだ この違いは!!∑(゚∇゚|||)




ただね。

検査の結果、若干の心肥大の傾向と

甲状腺機能亢進症の症状が少しでている ということだった。

血液検査の結果から 腎臓の機能の低下が若干進んでいるようだけど

ただ、どれをとっても 基準値からそれほど大きく離れたものではなく

17歳の老猫ということを考えれば これは年齢相応のことで

今すぐどうこうなってしまう ということではないので

今回のデータを基にして 今後の治療の方向とか

いろんなことを考えて行かれるので

落胆することではないです と言ってもらえたんだよね。

甲状腺機能亢進症というのは 文字どーり甲状腺になにかあるわけで

まぁ腫瘍ができてたり とか?

でも 甲状腺は首のとこにあるので

仮に腫瘍が見つかったとしても

「はいじゃあ手術して取りましょう という飼い主さんはあまりいません」

ということだった。




今回の結果を踏まえて

甲状腺のお薬を追加。それにアムロジン(アムロジピン)も併用。

甲状腺のお薬の効果が出始める3週間後に 軽い再検査をすることに。



Img_1908b

さっちー 新しいおじさん先生はあまりお気に召さなかったようだね。

でもおねぇさんチームの時は すごく猫かぶってた。




いままで何度も思って書いてきたけど

やっぱり人間でいえば80歳超えのくそジジィ。

その年になれば やれ糖尿の薬 だの 血圧の だの

みんな何かしら薬に頼ってヨレヨレ生きてるよね。

それが普通ってもんだ。

ただ 猫に限らず 動物たちは 

自分で よしこれを飲んで元気に過ごそう とか思ってくれないから

こっちとしては いろいろ心を保つのがタイヘンだよね。

でもさっちーは 検査にしても投薬にしても

「本当によく頑張ってくれて助かります」 って言われるし

さっちーなりに努力?

それとも よその女子の前では弱いとこみせない っつー 見栄?

なんにせよ とてもいいジジィでいてくれてるんだね。

つい 数値で判断して一喜一憂してしまうけど

あくまでも見ための元気さを大事にしていこう と

今回あらためて思ったわけでした。( ^ω^ )


みなさんも おうちのお猫様を

どうぞお大事にね (◎´∀`)ノ





| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年5月17日 (火)

ハマってるもの。

最近 スマホのゲームにハマってましてね。


Img_1907


『panda pop』 っていう 

同じ色の風船をぶつけて割ってステージをクリアしていく

至極カンタン単純なゲームなんっす。

が 単純なものほど 実は抜け出せなかったり。。。

おかげで 老眼に拍車がかかったかも。

ヨロヨロ  と書いてあったものが

3030 に見えてしまう。。。(@Д@;

ちょっとマズイね。





さて、前回 さっちーのお薬が変わったお話しをしましたが。



Img_1906a


これが1回の量ざんす。これを朝晩1粒づつ。

比較につまようじを置いてみた ( ̄▽ ̄)

あまりにも小さくて 本当に飲んだかどうか わかりづらい。

飲んだフリして 横向いて ぺっ! ってやっても発見できないかも。

実際 今朝は 歯ぐきの外側にへばりついてしまってね。

さっちーも 違和感を訴えなかったので どーしようかと思ったけど

ちょっとムリに指を突っ込んで

強制的にノドの奥に送り込みました!Σ(;・∀・)





Img_1904a


病院の待合室でパチリ。

ね? 左目 赤くなくなったでしょ?

でも見えてないんだよー。。。(ノд・。)

このときは 猫エリアと隔ててるパーテーションの向こうで

どっかのバカ犬がギャン鳴きしてて

王様 ちょっとムカついてました~(≧∇≦)






| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月15日 (日)

ご・ぶ・さ・た。


|д・) そぉ・・・・・っ




Img_1895b



ねこを使って謝罪会見。 ←傾向がなうだったか。



親子ともども どーにか今日に至りまして。

というのも

前にも書いたかもしれないんだけど

さっちーの具合、 良くなってきた~ヽ(´▽`)/  って書くと

その翌日にまた眼が赤くなったりして

誰かがどこかで見張ってるような・・・?

もうヌカ喜びばっかりで かえってツライぜ! って思ったりして。

さらに自分が もういい加減にしてほしいよっ って膀胱炎だったり。

いろんなものが低下してた日々だったんッス。

そんなワケで どうかお許しください。



で、ちょっと間が空きすぎちゃったので

いつ戻ろうかな~ (話題的には“復帰”?) と考えてたんだけど

どっちにしても 次のB病院の診察の後にしよう とだけは決めてました。



先月の9日に初めて大学病院の眼科の先生に診てもらって

お薬を続けてひと月とちょっと。

“ヌカ” になってほしくなくて書かなかったけど

さっちーの目 外見からはほとんど以前と変わらないように見えてたの。

時々出現してた血豆状のものや 眼球全体を覆うような出血もなくなって。

ただ やっぱり 見えてない感は消えなかった。

瞳孔も光反射がないしね。





昨日 2回目の診察。

予想外に薬の効果は低かったのねー。

今回は画像に残さなかったのでお見せできないんだけど

右目はまだ見えてはいるけど ほとんど状況は変わらないし

左は出血こそ少なくなったけど まだジワジワ出てる感じ。

網膜剥離ではないんだけど

もっと効果が出るかと期待してた先生もがっかり。

で、フォルテコールに変えて アムロジンという薬を使うことに。




Photo


先生ご自身の著書の中の症例を見せてくれて

さっちーの場合 この薬でここまで回復できる可能性がある と 

薬を変える説明をしてくれた。

視力は戻るんですか? と聞くと

もちろん! と力強く答えてくれた!!




ただ今回 薬を変えるにあたり 

どうしても血圧の測定が必須だったんだけど

さっちー なかなか血圧がうまく測定できなくて・・・

最初は眼科室の診察台にポータブルの血圧計を持ってきたんだけど

もっと確実に計ろう って先生が。

で、別フロアの手術室にみんなで移動して そこで再度測定。

それでもなかなか計測完了にならなかったんだけど

先生はどうしてもこれは必要だから って

血圧測定だけで たぶん30分は費やしたと思う。

きちんと高血圧 って結果がでないと薬をかえられない ってー

はい。 きちんと高血圧 出ましたー\(;゚∇゚)/

血圧が高くないのに降下剤使っちゃダメだからねー。




来週は心臓の検査をすることになったよ。

なんで なんかそんなに大がかりになってきた? と思う?

実は ブログをお休みしてる間に

最初に診てもらった イケメンマスクマンが辞めちゃったのよ~ヾ(*д*)ノ゛

まぁ逆にいえば もうこの件に関しては

全部ひっくるめてB病院でお世話になります なきっかけになったので

心臓とか血圧とかの循環器系~腎臓の様子もきっちり見よう ってことで

それが把握できれば 関連して診察可能だし

むしろ そうでないとダメでしょ ってことで

さっちーはまたまた検査頑張らないといかんくなってしまったが

先生が 諦める段階じゃない と言ってくれてるので

これからもいろいろアゲていこう と思った昨日であります。





が。



冒頭のさっちーは なぜ?

とお思いの方へ。





最初に比べ、カラダがたぶんラクになったのねー 本にゃん的には。

すると 突如 思い出した!

あ! そうだ   カジカジしなきゃーーーー!!!(≧∇≦)




と思ったかどうかは知らないが

もう服なんかじゃカバーできない

内ももから膝小僧あたりまで・・・・

猫の膝小僧って どこだ?

とにかく すごい勢いで

ちょっと血ぃ出るくらいまでカジカジになったので

昔買ったポンポリースを引っ張り出してはめてやった っつーわけ。

でも ちょっと高齢じじぃしかもワガママ王様猫には 重いっぽい。



なので・・・・







Img_1896b

エリカラーを急きょ製作!

かなり軽くなった~ (◎´∀`)ノ

布のエリカラーは柔らかくて寝る時も負担ありません。

が、

柔らかいので 反対側にぺっこーーーん となってしまう弱点も。

さらに おトイレに入るのに邪魔で

この分だけ おケツが容器からはみ出て

3度に1回くらいはOBsweat01sweat01

まぁ仕方ない。 仕方ないよ。 いいよ そのくらい。。。。






と、3週間もUPしなかったワリには

昨日とか最近の話題しか書かなくてすんませんね。

まぁ ちょっと書ききれないっす。3週間分を1回には。

お相撲も始まったしね。

頭の中には書こうと思ってることが

浮かんでは消え 浮かんでは消え

消え 消え 消え・・・・ ←みんな消えてるじゃん!Σ(;・∀・)




できればまた近いうちにお会いできるよう

頑張っていきたいと思ってます~ヽ(´▽`)/

でも期待しないで待っててくだせぇ。







インスタとかメールとか

気にかけてくれた猫友!ブロ友!! その他いろいろ友!!!

ありがとう!

みんなも 無理しないでおくれ~(´・ω・`)ノ





| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »