« 東京マーチス。 | トップページ | 食欲の秋はもりもり »

2017年11月11日 (土)

さっちー 検査の日。

先月、ちょうどらいだぁがうちに来てるとき

B病院で印牧先生の診察があって

なんかその後バタバタしてたので書きそびれたけど

印牧先生の診察は その日でいったん終了となりました。

さっちーの目はこれ以上の改善は期待できず

かといって 極端に悪くなっているということでもなく。

確かに以前ほどの視力はもう確保できなくなっていて

家の中でも 時々迷子になりかけたり・・・

じわじわと日々重なる“老い”を

さっちーなりに受け止めている状況だということです。



さっちーの目が真っ赤になって以来

印牧先生にはお世話になりました。

先生も、ここまで高齢(18歳)の症例を診察したことがなかった といって

ご自身も 勉強になった とおっしゃってたので

今後 またどこかで先生に診察を受ける猫さんのために

さっちーが何かの役に立てたのなら

「ねこのくに」に帰った時に 

猫の神様からご褒美をいただけるかもしれないね。




年齢を考えると鬼が笑うかもしれないけど

1年後 きっと会えると信じて 次回の診察までおわかれとなりました。

ただ、今回の診察で先生が気にしてたのが

後から悪くなった方の右目が少し黄色がかってて、

ひと月かその前くらいに 一瞬 右の目も赤くなったような時期があったので

やはりその時から・・・と思ったのだけど

先生には  肝臓が心配だ  と言われたので

さっちーの心身が落ち着いたとこで血液検査をしましょう  

としてたのが 昨日の通院なわけです。





Img_4032a

これが検査結果。 

恐れていたほど腎臓の悪化は進んでいなかったので 少し安心。

枠外の手書きはT4・甲状腺の数値で

今飲んでいるお薬が効いているかどうかの判断基準になるんだけど

これも今の量でも大丈夫そうだし。

それに 懸念されてた肝臓の数値も問題なく!

多少 赤い枠や青い枠のとこもあるけど

だからといって じゃあこの先ガンガン検査して何か処方したところで

余命が5年も10年も伸びるわけではないので

それならば よく見えてもいないのにあちこちいじられて検査されて

不安になったり体力消耗しちゃったりするようなことは

もはや無用だよね。。。。

と いつもの先生と相談して決めたの。

前から言ってたけど

穏やかな老猫生活   これがイチバンだと思う。

痛かったりつらそうだったり

吐く量がハンパなく増えたりしたら 病院に連れていくけど

そうでないなら 通常の薬の量でいいでしょう と。

時々名古屋からケアマネージャー(笑) が来てくれて

刺激を与えてくれたら 喜ぶみたいだし。(≧∇≦)




さっちー 自然の摂理にしたがって

ゆっくりと老いています。






Img_4024a





起したくなるほどかわいい「ごめん寝」 ← 起すなっつーの! (≧∇≦)













|

« 東京マーチス。 | トップページ | 食欲の秋はもりもり »

コメント

起こしたるな(>▽<)(爆)

老いは悪いことではないと思うんだよね。
猫はヒトは早く老いていくけどさ。
ちゃんと老いさせてあげないとね。
本人が苦しい気がする。

さっちーは、正しく老いてるよ。
18歳まで到達したんだし、すごいことだよ。

のりまきがねー。ちょっと老いのスピードが上がってきたよ。
おしっこ漏らしちゃうぐらい獣医さんが怖い子なので
まあ、何か積極的に・・・というのは考えてないんだけどさ。
何があっても、なるべく楽にさせてやりたいな・・と。
そんなことを、ゴマ塩顔を見て思っていたところだよ。

投稿: rider | 2017年11月11日 (土) 16:09

サッチー、かぁちゃんと一緒にいるのが最高の幸せだよ。
おかみっちょんも、いまのこの時をサッチーといられることを味わってね。

投稿: 和猫 | 2017年11月12日 (日) 22:44

うひょ~ さっちーの寝姿かわいい💛
苦しくないのかなぁ~ってじーーーーーーーーーっと
見ちゃってると起こしちゃいそう 笑)

人間でも老いと共存しなければなんないもんね・・・
色々だわね ┐( ̄ヘ ̄)┌
猫タンだって一緒よね


うちの父は無事退院しましたよ~
家中手すりが山ほどついて 父も不自由なく移動してるよ
ちょっと変化があって 妹が猫飼いだしたの 
自分が休みの日に実家に連れてくるようになった。
両親は とても喜んでるみたい 
ちょっとでも癒しになればいいなぁ~って思うよ!

投稿: イノぶた | 2017年11月13日 (月) 20:25

>らいだぁ
お互いに老猫の悩みはいろいろあるけどさ
長く一緒に過ごしてこられたからこその悩みで
それだけ思い出もいっぱいって思えば まぁなんとかね。
逆に 短い間でもみーーっちりの思い出があったりするし
どっちにせよ 出会ったからには ずーーーーっと大事に ね。
今回の検査で 先生もやっぱり ここからは負担を少なくってのが1番 って
ワタシもそう思うし、こっちが希望しなければ
病院も無理にすすめたりしない ってことで同意。
それでいいと思う。

投稿: おかみっちょん | 2017年11月14日 (火) 07:54


>和猫
そうよねー ワタシもそう思う。
さっちーは“いつものおねえさん”に撫でられたり
たまに来る名古屋のオバチャンにかまってもらったりしても
やっぱりかぁちゃんがいちばん好きに決ってる と思う( ´艸`)プププ
あとどのくらいかな って考えると寂しいけど
今までで一番長くいっしょにいるってことは
それだけでワタシの人生の大きな部分を占めているので
歴史に残る猫 といっていいと思う。
はるっちも和猫にとって そういう存在だよね。
キノコとか地面とか食ったものの他に、
たまにははるっちを見せてくれよー(≧∇≦)

投稿: おかみっちょん | 2017年11月14日 (火) 08:00


>イノぶたっち
そっかー 退院したのね!おめでとう よかったよかったヽ(´▽`)/
家の中が手すり・・・そうだねー 仕方ないねー
でも歩けるうちは歩いた方がいいんじゃないか?
やっぱねー 寝込むとそれだけで弱るよー
置き上がれて 歩けて 自分でご飯食べられて
ふつーのことが出来るって 大事。
妹さんが猫!? それはスバラシイo(*^▽^*)o
ワタシねぇ 猫はほんと 神様が作った最高傑作だと思うよ。
こんなに丸くて柔らかくてかわいくて人に懐いてくれて
身も心もホワホワにしてくれる存在って
悪いけど 犬より上だと思う ←犬好きを敵に回す
90歳を過ぎて 田舎の縁側でお茶を飲みながら膝にネコを乗せて
ふわ~っと日向ぼっこしながらネコを撫でる・・・・
そんな老後が憧れだよ。。。( ̄▽ ̄)

投稿: おかみっちょん | 2017年11月14日 (火) 08:07

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さっちー 検査の日。:

« 東京マーチス。 | トップページ | 食欲の秋はもりもり »