« 映画の話 | トップページ | その後のさっちー »

2018年4月22日 (日)

緊急!!猫の鼻血

いろいろネタがあったんだけど

大変なことが起ったので 全部後回しにするよー





実は さっちーが金曜日の午後 突然鼻血を噴いた!

出かけてる間はお留守番カメラで観察してて

いつもどおり ワタシの布団で爆睡してんなー と

特に変わった様子もないと思ってたんだけど

たぶん ワタシが帰宅する少し前から出血したと思われ

その量は どんどん増えて もう血が垂れ流れてくるくらい

おトイレやごはん皿にも血しぶきがついてて

でもカリカリはかなり食べたあとだった

当然のことながら お昼寝してたワタシのお布団も

血しぶきブシャーだった。。。

でもそんなものはどうでもいい!

とにかく大急ぎでさっちーをキャリーに詰め込んでB病院へ。





まだ午後の診察前で入り口は閉まってたけど

ワタシがガタガタやったので 開けてくれた

「鼻血が止まらないんですーー」 とキャリーを預けたとき

さっちーの鼻から顎にかけて もう真っ赤

垂れた血でお手手も真っ赤

最初はサラサラだった血はドロドロに流れてた

診療時間前だったおかげで先生方が一斉に処置にあたってくれた




処置室から1度だけ ぎゃお~~ん! と叫び声が聞こえたけど

そのあとは静まり返って なにをしてるのかわからなかったけど

しばらくして いつもの担当の先生が説明に出てきてくれた




猫の鼻血というのは珍しいようで 実はあるにはあるらしい

さっちーの場合 今血栓を防ぐ薬を飲んでるので血はサラサラ

でも止血に影響するような量ではないはず・・・

今 考えられる理由は 3つ

1.第12因子欠乏症という もともとの遺伝子異常をもっていて

そこに抗血栓薬が重なってしまったか

2.何らかの理由に寄る肝機能低下

血液の凝固因子は肝臓で作られる

3.ワルファリン中毒 ネズミ駆除の薬なんかのね 影響



遺伝子と肝機能の検査は外注なので 結果は早くても月曜になってしまう

それ以外の血液成分の検査結果では

たしかにこれだけ出血してるので 若干の貧血状態になってはいるけど

血小板の数は正常値だし

今の段階では原因をつきとめることはできないけど

凝固系の活性が極端に低くなっている





で、とにかくその血を止めなくてはということで

止血剤を投与した時に叫んだらしい

鼻血はかなり重症で 外に出るだけじゃなくて一部は飲みこまれ

1度 お昼に食べたカリカリと一緒に吐いたそうだ

でもそのおかげで気分は良くなった様子 とのこと

ただ 止血剤だけではどうにもならないので

輸血をして凝固能力をあげなくてはならない と説明された

さっちーの体重から換算すると25ml~50mlの血漿を輸血するんだけど

とってもゆっくり体内に入れていくので 8~10時間くらいかかる

当然お泊り 入院だわね

王様 よそに泊ったことなんてないのに心細いだろう・・・





輸血の血は病院スタッフ猫 あさりちゃんからいただくことになった

適合検査も合格して 輸血をお願いすることになった

さっちーの血液型はA型

「先生!ワタシもA型!  あぁやっぱりさっちーはワタシのコなんだわぁ」

と自分を勇気づけるように冗談を言ってみたら

「猫はほとんどがA型ですよー」 

と  先生 ちょっとはノッってくれー

「ワタシの血ならいくらでもあげるのにぃ~~」  と軽く提供を申し出たところ

「異種族の血はダメですよ~~~」   と少し笑って突っ込む先生

そんな会話でもしてないと 膝から崩れ落ちそうだったんだもの。。。





病院で検査の結果を待ってる間 

熊がちょうど仕事の流れがこっちに向いたとのことで

待合室に来てくれた

その後 いったん帰宅して 夜8時前に様子を聞きに再度ふたりで病院へ

輸血はまだ3mlしか進んでなかったけど

顔を拭いてもらって少しきれいになってた

さっちー♥かぁちゃんだよー   とガラス越しに声をかけたら

ぐったりしながらも顔をあげて

「おいてきぼりかよぉ~~」 と言ったような気がした

輸血は中断して帰宅することも可能だと言われたけど

夜中に重大な変化があったら処置できないので

泣く泣く入院させることに




翌朝 迎えに行った時はだいぶ落ち着いた様子だったけど

いまだに食事を受け付けない状態で

どんどん衰弱してしまっている

鼻血は完全に止まったわけではないみたいで

左の鼻の穴はかさぶたでふさがってるけど

これは触るとまた大量にブシャー となる可能性がある。。。

まだ口呼吸にはなってないので なんとか静かに寝てるけど

歩くのが大変で おトイレが間に合わなくなってしまったので

お部屋におトイレを持って来て

簡易的なサークルのようなものを作って

行動範囲を制限することにした

その方が体力も温存できるし





腎臓、心臓、甲状腺 といろいろな病気を背負って

ここにきてまだ・・・  と

さっちー いつまで頑張るかわからなくなってきた

でも さっちーが頑張ってる限り

ワタシも気持ちを強く持たなくちゃな と思います

せめて 鼻血が止まってくれて

カピカピの鼻の通りがスムーズになって

少しでも食べられるようになったらなぁ って 欲張りか。。。



Img_4622




鼻血ンぶー模様が本物になっちゃったね・・・・




|

« 映画の話 | トップページ | その後のさっちー »

コメント

がんばれさっちー!!!>>>>>念念念念念

猫の鼻血は珍しいから一瞬悪いものを想像してギョッとしたけれど、とまりかけてるようでほっとしました。
そのままできるだけ穏やかに、痛い思いをせずに収束してくれますように。

数日暑かったけど、明日またちょっと気温が下がるようです。
おかみっちょんさんも心配しすぎで体壊さんごとねー!

投稿: hiroko | 2018年4月22日 (日) 22:06

私もおやびん同様祈ってるよ
このまま落ち着くよう祈ってるからね。
ごはん食べれますように。

投稿: rider | 2018年4月22日 (日) 22:51

さっちー
元気玉だよ
特大の元気玉ーーーーーーー
えーーーーーーーーーーーい!!!!!!!!!!!

投稿: pom | 2018年4月23日 (月) 00:01

な?!
さっちーー!!我が家からも元気玉送るヨーーー!!!

投稿: うづママ | 2018年4月23日 (月) 00:19

さっちーさん、おかみっちょんさん、がんばれ!
私も遠くから祈ってます!

投稿: 鯖猫 | 2018年4月23日 (月) 09:55

●おやびん
ありがとー 念がいっぱいきたよ~~(≧m≦)
結局これだ!って原因はいまだにつかめずなんだけど
なんかもーそういうことはどーでもよくなってきた
そんなことより さっちーの気持ちがいちばん大事だ って
ワタシの気持ちもその次だ って
ありがたいことに今“無職”なので
眠くなったらお昼寝する くらいの気持ちでやってるよ~(◎´∀`)ノ


●らいだぁ
そっちにも書いてくれてありがとうねー
みぃちゃんはホントにあっという間に駆け抜けて行ってしまったけど
おかんのお家に来て らいだぁとも遊んで
きっとその間は楽しかったはずだよね
ならさっちーも せっかくアタシのコになったんだから
最後の最後の一番最後 できれば そのずーーっと後になっても
かぁちゃんのコでよかった   そう思わせてあげたいよ(*^-^*)

投稿: おかみっちょん | 2018年4月24日 (火) 06:23


●pomさん
おーー  どどどーーーん と届いたよ~~
元気玉 ありがと~~~
こりゃデカイな (≧∇≦)
さっちー これでまだまだ頑張るからね~~~(◎´∀`)ノ


●Uづママ
おーー こっちからも来た~~~(≧∇≦)
幼猫の1年と同じくらいの早さで
さっちーの毎日が過ぎてるきがする
もう待ってくれない感じ
でもみんなの思いも伝えたよ ありがとうね~(◎´∀`)ノ


●鯖嬢
ありがとー
鯖嬢は猫との闘病経験者だね ほんとよく頑張ってたよ(ノ_≦。)
さっちーは人なら100歳とかのジジィだから
今 ようやくそれなりのジジィになってるだけ
だって、30歳超えの猫とかって聞いたら
なんかの間違いだろ 年齢詐称wwwって思うじゃん(≧∇≦)
いろいろあって当たり前 そりゃ心配だけど いろいろだけど
頑張ってるよo(*^▽^*)o

投稿: おかみっちょん | 2018年4月24日 (火) 06:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1062669/73352072

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急!!猫の鼻血:

« 映画の話 | トップページ | その後のさっちー »