« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月 8日 (日)

あなたはハナタカさん?

先日来 ウォシュレットの調子が良くなかった。

今まで何度か修理に来てもらってたけど

新築入居の時からなので もう17年使ってるわけで。

それでもウチは2人だから単純に使用回数は少ない。

熊は1日に4回することもあるんだけどねー ( ̄▽ ̄)

思い切ってリフォームして丸っと交換できたらなぁ と思うけど

そんな余裕もないし

たぶん次は給湯器だな ってドキドキしてるとこなので

ちょっと予算繰りが難しいとこ・・・





まぁここはしかたない。

快適なおトイレを手ごろなとこで手に入れよう と

いままでと同様の TOTOのアプリコットシリーズ購入。

上位機種はいろいろ機能がついてるけど

熊家的には もはや温風乾燥機能すら要らないね って感じなので

下位機種でもう十分だった。


ご近所でも 壊れちゃったけど

およそDIYとは無縁のご主人でも自力で設置できた って聞いてたし、

ネットでは 素人でも30分くらいで付けられた って書いてる人もいたので

改造マニアの熊としては 負けてられないとこ。

付属品でできる ってことだったから何も用意しなかったけど

始めてみたら、継ぎ手の取り外しにはレンチが必要だったんだよ~。






で、まず初めに 水を止めないとね って栓をひねろうとしたら

これが ビクともしない!!

ちょっと大きめのコインでも普通なら動くらしいんだけど

まぁまぁまぁ 怪力の熊でもまったく歯が立たず

外国のコイン2枚をひん曲げてしまったww\(;゚∇゚)/

いよいよ大きなドライバーを持ちだして

さらに潤滑シューーもしたんだけど

ぜっんぜんダメで。

仕方なく 本栓から閉めたわよ!\(*`∧´)/

取り付けがおわるまで手も洗えない~~





同じアプリコットシリーズならリモコンの取り付け具はそのまま・・・

ってクチコミに書いてる人がいたから

それは楽だ と思ったけど

さすがに17年前のは対応してなかった。。。

流用できるものは何もなく すべて取り換え。

止水栓の分岐具も取り換え。

モンキーレンチが必要です くらいなことは 取り説に書いておこうよ TOTO!!





狭いトイレにデカイ体を押し込んで 

汗だくになりながら無事に取りつけてくれた。

あの人でも出来たんだから

そう思ったら やるしかないよね(≧∇≦)

ご褒美は国産和牛のコロコロステーキ。 ふふふ。







すべて終わって無事に動作確認もして

お水も漏れないことがわかって安心したとこで

『 止水栓 まわらない 』 で熊が検索したら

なんか よくあることらしいよーーー(≧∇≦)

このテの工事・修理には あるある事項らしい。

潤滑しゅー をして放置してから・・・ とか

ドライバーを2本噛み合わせてなんちゃら・・・  とか

でも結局それでもだめなら

あの業者を呼ぶしかないのかーーーー\(;゚∇゚)/  ♪ク○シアン♪





で、このトラブルを回避するには

日ごろから定期的に止水栓をちょっといじって

かたまらないように緩めたり閉めたり・・・って

そんなこと 一般家庭の3割も知らないわよぉーーー!

もし知ってたら ハナタカに出るわよ~~~!!



なんてね。

この程度の家電なら 普通の人でもちょっと頑張ったら出来るレベルだから

メーカーも もうちょっとだけ親切に書きこんどいてほしいわね。

ちなみに ホムセンで『温水洗浄機能付き暖房便座』の取り付けを頼むと

だいたい5~6000円かかるよ。

さらに古いのの持ちかえり処分で2000円 とかね。

もったいないじゃない  その7~8000円あったら

さっちーの薬代が浮くわ!!

Img_5148a


ウォシュレットの工事費と自分のお薬代を比較されて

ちょっと気分悪い?


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »