« その 前の夜。 | トップページ | そわそわ。。。 »

2019年7月19日 (金)

任務完了の日。

Dd1ba2c7439242938556dbf326ab6a95

まだデジカメなんてない時代。

王子時代のさっちーの写真はわずかしかなくて

こんな 熊に誘拐された宇宙人的なさっちーとか

 

 

A09fb667de6f40bca39d8dc017407996

上の階のバカ犬を躾けてるとことか

 

 

A684dfa90a76469c94b2f0e73a0b1a83

縄張りを見張る姿とか  ね。

さっちーと出会った時 アパートの1階に住んでて

ペットは不可だったにもかかわらず

4軒のうち3軒で飼育してたっていう。。。

この写真のあと 熊家は今のマンションに引っ越して

さっちーは堂々の王様に なったわけです。

 

 

 

それから19年、さっちーは推定20歳の年を迎えました。

今年になってからは 毎月の初めに

今月末が迎えられますように  と祈りながら過ごしていました。

特に今月の頭は 本当に苦しくて

どうかどうか 月が越せますように と祈ったのだけど

だんだんと、

長いばかりでしんどいのなら

そろそろ 帰るかい?  と問いかけるように。

昨年春に鼻血大放出事件があって

夏には突然立てなくなって

その度に覚悟を決めさせておきながら

奇跡のV字回復を何度も見せてたけど

もう そんなに頑張らなくていいよ

帰ろう って思ってるなら、もう引き止めないよ  と

背中をさすりながら声をかけました。

 

 

 

前の晩 抱っこしていっぱい撫でて スヤスヤと眠りについてからは

もう意識はほとんど無かったのではないかと。

最後の力を振り絞ってかぁちゃんに甘えたのだと思うと

ワタシも愛されてたんだ と実感します。

 

 

朝、夜中にお水を飲みたくても飲めなかったかもしれないと思い

抱き起こしてお水皿に顔を向けても 少しだけ口を動かすだけで

上手く飲むことはできませんでした。

その時、なんとなく予感はしてたんだけど

ワタシの膝からお布団にオシッコをして

シッカリとここにいた証を残しました。

 

 

熊を送り出してから ゴハンを食べながら さっちーの様子を見ていたのだけど

なんとなく  なんとなくな感じでそばに寄って

心臓の音を聞くと ドクン ドクンと強く打っています。

でも 呼吸は浅く 感覚が広くなっていました。

その時が近いんだな と感じました。

さっちーの胸に手を当てて

さっちーの心臓 今までありがとう お疲れさま

もう 苦しまないように 休んでいいよ と言ってあげました。

 

 

さっちーは 深いため息のような呼吸になり

心臓の音が トクン トクン と少しづつ小さくなって

ワタシは ただひたすら 頭をなでて

ありがとう ありがとう 愛してるよさっちー  と繰り返して

送ってあげました。

 

 

 

思えば なんて幸せな送り方だろうと。

ちゃんと一緒に年を重ねることが出来て

前の猫たちが託した残りの時間以上に長生きをして

ゆっくり心の準備をすることが出来て

王様らしく 威厳ある最後を迎えることが出来て

いままだ 部屋の中に 不思議な存在感をのこしている。

 

 

0c149d7f26ca4088ba2c3eede41d4a1b

微笑んでいるような安らかな寝顔。

さっちーに選ばれて本当に良かった と思います。

 

 

 

さっちーを小さな壺に納める時、

斎場の女性が

女の子みたいに可愛いらしいですね❤️  と。

年齢を聞いてまたびっくり。

ここにきても まだ女のハートわしづかみかいっ(*´ー`*)

 

 

さっちーの骨はとても丈夫でした。

真っ白ではっきりとした骨でした。

本当に小さな骨までキチンと並べてくれて

犬歯や爪も残っていました。

その中から キバを1本と爪をいくつか別にしてもらって

連れて帰ってきました。

 

 

 

 Bb3a0768d16f4487b38d8b37c1b1588b

※ 画像は1部切れてアップされてるかもしれませんが、クリック(タップ)すると全部見れます

 

みなさんのお気持ちに包まれて さっちーは堂々としていますよ。

ありがとうございます。

 

 

壺の袋は ピンクとブルーしかなくて

似合ってる方は赤系だよな  ってことでピンクに。

袋に貼るお名前の札は

その場で筆ペンで書いたのが あまりにもおドロおドロしく

こんなの ブログで披露出来ないよw  って

可愛いのに作り直しました(*^▽^*)

さっちーのお洋服もかぁちゃんの手作りだったから

これも手づくりで いいよね?

 

 

 

 

さびしいですよ。

呼んでも返事がないし

抜け毛もないし。

でも  間違いなく さっちーは王様としてやりきりました。

そのお手伝いが出来て

かぁちゃんは 本当によかったよ。さっちー。

 

 

 

 

今はまだ あっち行ったりこっちにいたり

うろうろしているかもしれないけど

ねこのくにに帰ったら そこでは新人!

王様として威張っていられるのは 熊家の中でだけなので

ねこのくにの先輩方

どうか さっちーをよろしくお願いしますね。

 

 

 

 

 

さっちーにまつわるお話は

まだしばらく続くと思います。

泣いたり笑ったりしながら記録していきたいと思いますので

これからもよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

|

« その 前の夜。 | トップページ | そわそわ。。。 »

コメント

若い頃のさっちー、かわいい(>▽<)
我々のネコどもが子供の頃は、写ルンですかちゃんとしたフィルムカメラか、デジカメのでたてで、画素数低かったよねー
高かったし。

ケータイの写真も画素数ちいさかったしね~。

しかもさ、ネコの写真いっぱい撮って現像したりしていると、バカかと思われるような風潮だった・・・
(↑毎月36枚とか48枚を現像出しに行ってたのは私w)

小さい頃のエピソードとかおしえてちょーーー

投稿: rider | 2019年7月19日 (金) 15:18

昔の写真の さっちーの目力すごいわね 
そしてかわいらしい! 

そしてホントいい寝顔ね・・・
相思相愛で満足して旅立ったことがよくわかります

投稿: イノぶた | 2019年7月19日 (金) 21:16

お悔みが遅くなってしまって・・・申し訳ないです。
さっちーが、幸せな旅立ちができたこと、
本当に本当に良かったです。
王子時代のさっちーも、女帝の若いころにそっくりで、
さすが腹違いの双子!と、感動してしまいました。
さっちー、ねこのくににメロンあるといいね!

投稿: kyonmo | 2019年7月23日 (火) 14:40

こんな風に送ってもらえて、さっちー幸せな最期だったと思います。
穏やかな寝顔だこと・・

カバーのお名前の札、お写真付きで良いなと思ったら・・
さっちー王冠付けてらっしゃるじゃーないですか!
いいね!さっちー喜んでると思うわ~。

投稿: おひめどん | 2019年7月24日 (水) 02:44


● らいだぁ
子供の頃のストーリーねぇ。。。
あんまり覚えてないかもー ←Σ(゚д゚lll)
意外とワタシより熊の方がいろいろ覚えてるっぽいよ。
そんなに面倒見なかったくせに。
でも頑張って思い出してなんか書いてみようかな。
さっちー 自分で書けばいいのに。。。

●イノぶたっち
やっぱ目に勢いがあるよねー。かわいいのはもちろんなんだけど。
それに筋肉もハリがあって 強そうだった。
な〜んかぁー いつからかふにゃふにゃな猫になったんだよー。
さっちーは 高さ1mくらいのとこに飛び上がれなくて
おけつから落ちた時から中年になったように思う。。。

寝顔は時間が経ってからの方が柔らかくなってた。
いろんな緊張が解けたんだな〜。。。

投稿: おかみっちょん | 2019年7月24日 (水) 17:17

●kyonmoさーーーん!
お久しぶりーー! おげんきでしたー? コメントありがとう〜〜!!
すっかりご無沙汰しちゃってー。 実はさっき 久しぶりにキョン様 見た(≧∀≦)
腹違いの双子! そうよねー。 キョン様 お元気そうで 嬉しいわ〜!

さっちーはねこのくにに帰ることになったけど
キョン様は女帝としていつまでも君臨しててほしいわ!

メロンかぁ、、、 そもそもメロン食う猫って 聞かないからねー。
戻ってきてウチで食べなよ って言いたい( *´艸`)

投稿: おかみっちょん | 2019年7月24日 (水) 17:23


●おひめどんちゃん
このカバーのお名前はね、もとは 斎場で書かされて。
なんでか知らないけど いつのまにか筆ペン持たされて。
アタシ筆ペンなんて全然ダメで。
文字書いてるのに 目隠しして福笑いやってるの? って酷い出来で。
こんなの さっちーが許すわけないっ! と思って
いや自分が許せなかったんだけど
とにかく作り直して貼ったのよ。 このほうがさっちーには合ってるでしょ。

寝顔はね、息が止まったすぐは 戦いが終わったって顔だったんだけど
しばらくしたら こんなふうに優しい顔になったの。
安心したんだね。。。

投稿: おかみっちょん | 2019年7月24日 (水) 17:29

この記事へのコメントは終了しました。

« その 前の夜。 | トップページ | そわそわ。。。 »