カテゴリー「たのしいこと」の218件の記事

2018年5月12日 (土)

ステキな絵本

さっちーがゴハンを自分でたべるようになって10日経ちました

おかげさまですっかり元気を取り戻しています

昨日なんて 夜中から数えたら夕方までに

サイズの大小あわせて3度もウ●コするくらい

食べて出してを順調にくりかえすようになったんだけど

そうなると もう本当にアレは夢だったの!? 

もしかして うち

オオカミ一家 とか呼ばれない!?

そもそも さっちーの鼻血って 血のりだったりとか ないよね?

みたいな・・・( ̄▽ ̄)





ブロ友のイノぶたっちから

ステキな絵本をいただいた~(◎´∀`)ノ

イノぶたっちとも なんだかんだでけっこう長いつながりだなぁ

会ったのは1回きりだけど

そのときも ぜんぜん初対面な印象の顔合わせじゃなかったし

気負うことなくすんなりホルモン食べてたっけね

イノぶたっちのブログはほとんどが出かけて食べて飲んでだから

ちくしょー またウマそうなもん食ってる~~  な感じψ(`∇´)ψ





Img_4780

こらーーー!!! さっちー そんな目つきの悪い顔しちゃダメ~~~!

と思ったくらい 似てなくない!? (≧∇≦)

いやー もしこんな顔で夜中にぺちゃぺちゃ爪舐めてたら と思うと

怖いわwwwww

でも中はホントにステキな絵本で 癒された♥(* ̄ー ̄*)♥





Img_4781

それと この人よく東北に行ってるんだけど

そのお土産も入ってた♪



Img_4785

かわいいシール

ワタシ 食わず嫌いで100%ホタテでお願いします




Img_4784a

この木の玉の猫と同梱の麻紐はどーなってんだ? と思ったら

どーやらこの使い方で良いのではないかと。。。

なるほど 猫が丸まってる雰囲気が出てるね~(≧∇≦)

イノぶたっちもワタシに負けず おっちょこちょいなんだねー

封筒の上下さかさまに宛名シール貼ってあった(≧m≦)

ってか イノぶた・・・ いつから羊になったん??

ステキなお見舞い 心に染みたよ ありがとーね~






Img_4773


今日のさっちー

玉座クッションを抱えるようなポーズで爆睡ちゅう~~~( ´艸`)プププ













| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

ひと月前 インターペットに行った(>▽<)

自分が風邪ひいたり さっちーが具合悪かったりで

あやうく“お蔵入り”になりそうなネタがあったことを思い出したっす。

ちょうどお仕事のラストの時だったんだよね

なので 今年はバンバン行くぞ~~!(◎´∀`)ノ

と気合十分で臨んだ今年のインターペット

一般公開の3日間のうちの2日 参戦してきた

メンバーはいつもの顔ぶれで 安心安心♥(* ̄ー ̄*)♥






今年は昨年より展示スペースが広くなって~ってことだったけど

増えた分はワンコグッズが多かったかなぁ

それと 中国からの出店もあったねー

ただ、海外の企業はサンプルを配布しないとこがほとんどなので

ブースに人が集まる ってことはなかったみたい。

みんな たくさんサンプルが欲しいのよっ!(≧∇≦)





展示会の名前はインターペットってくらいだから

犬猫以外にも うさぎや熱帯魚用の企業の参加もあったんだけどね

お客さんも ちょっと意表をついてたわ

たとえば・・・





Img_4426a

飼い主不明でカートのまま 置き去りになってた ヤギ・・・・ とか

(たぶん近くにいたんだと思うけど ちょっと見当たらなかったのよ)








Img_4434a

どんだけ有名か知らないけど イグアナの握手会とか・・・

もう こうなってくると

ちょっと大きな犬が歩いてるくらいじゃ ぜんぜん驚かない。

来年は 子牛とか期待しちゃうね




あー あとねー イタチ とかもいたねー

へっ!?  って思わず振り返っちゃうよね

まぁ そーいうの狙って連れて来てるんだろうと思うけど

ワタシはオッケーですよ 触れあいたいです (≧∇≦)



それでもやっぱり こーいう賑やかなとこに猫を連れて来てるのには

正直驚く。

猫 バクバクしてんじゃん!!!  とか思うわけよ 見てて。

ところが まったく動じないコがいた!





Img_4431a

もしかして お人形?

でなければ お亡くなり中?

と心配になっちゃうくらいのリラックスぶり

右側にロシアンブルー的なコを連れてる方とペアだったみたいだけど

そっちもそんなに興奮してる感じじゃなかった






Img_4432b

近寄っても触ってもこのまんまだった・・・( ̄▽ ̄)

ワタシたちは知らなかったけど

もしかしたらネットでは有名なのかも






Img_4435

参加企業はメーカー以外にも いろんな企業が。

このブース 釘付けになったわー

この猫たち みんなかわいい~~~(≧∇≦)




Img_4436

いい!!  すごくいい!!! 

これ 売り物だったら欲しかった~~~~ (≧∇≦)







で、今年の戦利品がコチラ~~

Img_4440b

たぶん  これは いただいたものだけを並べたんじゃないかな

他にも数点購入したものもあるしね

しかも ニャンコ用だけ。

ここには並べきれたかったけど

近所のワンコ用にも少しもらったので もう少しあるよ。







今回のインターペットで1番面白かったのは

ヒルズのブースだった。

流行りのVR(バーチャルリアリティ)装置を使って

犬になったんだよ~(≧∇≦)

360°犬の視線になってヒルズの研究所をお散歩する仕組み。

自分の足元を見ると ちゃんとワンコの足になってた

隣に寄ってきたと思われる他の犬のハァハァって息づかいも聞こえて

これは面白かった!








他のメンバーは狙ってたガリガリサークルが安く買えたり

展示だけのつもりで置いてあった製品を 思いがけずタダでもらえちゃったり

猫友の猫友は“試乗車”のバギーを激安価格で購入できたり。

それと 撤収がめんどくさくなったからなのかもしれないけど

キャットタワーを丸々1棟 もらっちゃったはいいけど

持って帰るのどうしよう  って女の子が隣にいたので

ヤマトの出張センターまで持って行ける状態にまで解体してあげて

ちょっと人助けもしちゃったよ。

みんな 持参のガラガラカートに入りきれないくらいのお土産で

1500円(割引後)×2日  もうクッタクタになったけど

「このくらいくたびれ果てないと 参加した気がしないよね~」

とか言いながら ガラガラを引きずって帰って

今年も大満足の楽しいインターペットでした~~ヽ(´▽`)/







この後 風邪ひいた il||li _| ̄|○ il||li



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

映画の話

今年は正月早々に2つ連続で観たのにはじまり

月2のペースで順調に映画館に足を運んでいる

基本的には水曜のレディースデイだけど

6回観ると1回無料 って会員カードのシステムも利用してね

映画館に行くと 上映前に必ず予告編がいっぱいあって

多い時は広告も含め15分くらい観させられることも・・・

でも その中で、あーこれ次観たい!! って思う作品に出会うこともあり

映画館通いはエンドレス状態になっていくのであるー (;・∀・)



2月は『The Greatest Showman』 と 『羊の木』 を立て続けに観た

『The Greatest~』はミュージカル仕立てになってて

『ラ・ミゼラブル』を見て大感動したという歌友に言わせると

「まだまだ」らしいけど (≧∇≦)

ワタシはかなり感動した

ヒュー・ジャックマンの歌唱力がうんぬんより

全般的に楽曲は圧倒的だったし

キアラ・セトルのTHIS IS ME は素晴らしかった

1週間くらい頭の中でグルグルしてたよ!(≧∇≦)



『羊の木』 は以前予告編を観て気になってた作品

TBSのドラマ『アンナチュラル』にも出てた市川実日子が

テレビの役とは対照的な

ほとんどセリフのない暗~~い前科者女を演じて

あーこの人すごいなぁ と思ったよ

それと、深水三章さんの遺作になった ってのも感慨深い作品だったね

この人 熊家の上に住んでる人とイメージが似てて

実はあまり好きなタイプじゃなかったんだけどね

でもこういう脇を固める俳優さんって欠かせないよなぁ

作品の内容的には 背筋がぞくっとなって怖かったよぉ

でも やっぱり  コイツか! ってとこだった(≧∇≦)




3月に観たのは『スリービルボード』 と 『15時17分パリ行き』の2作

『スリー~』はアカデミー賞主演女優賞に輝いたフランシス・マクドーマンドが

娘を殺した犯人をいっこうに捕まえられない警察をがんがん攻めるのが痛快で

でもやっぱり そんなことして大丈夫!?  って心配になっちゃう

もう見るからに個性派女優だよー  いままで知らなかったけど

んーー日本の女優だったら誰だろう・・・とか思いながら観てた

最後は決してハッピーエンドとはいかないけど

こうやって自分の心の中で折り合いをつけていくんだろうな とあきらめつつ

その“仲間”に コイツがなってくれて嬉しいよ  ってのが感想 (≧∇≦)



『15時~』は実際に起きた事件を元に

なんと その当事者の3人が実際に“演じ”てる ってのが面白い企画

いやー 最初は え? この人って本人?だよね? ってくらい

でもだんだん“その瞬間”が近づいてくると

そんなことより いやーよく生きてたよぉ~~ って思うし

たとえば地下鉄サリン事件の時とかもそうだったけど

日本でこんなテロ起きない  って たぶんワタシを含めて

多くの日本人が 考えたことすらないんじゃないか? って思うようなときに

これだけの行動ができたのは 彼らだからだったんだろうなー

「神様 私を平和のためにお役立てください」 ってお祈りする主人公や

「この日のために生きてきた気がする」とコメントしたその友人

運命は必然なのか それとも日々の延長なのか

無事に戻ってきた彼らの運がこれで使い切りにならないでほしいよ

それにしてもクリントイーストウッドの作品はナイスだ!



今月に入ってからは 少し前の記事でも紹介した『おみおくり』を観たよ

上映館が少なくて なかなかいい時間に観れない。。。

でも せっかくだから有楽町のスバル座に行った

古い雰囲気でねー でもなんかいい感じの劇場だった

駅のすぐ前だし ( ^ω^ )

原作は『今日のご遺体』って本で、 

高島礼子演じる師匠は これを書いた人って設定のようにできてたけど

じっさいは原作とはぜんぜん違って

やたら美化されて作られてる印象

著者ご本人は一般の方なのでお顔はわからないけどね。

原作の本の内容は もっとご遺体や葬儀がが生々しく描かれてるよ

まぁ 高島礼子が相手じゃしかたないか。。。ってこと?

弟子となる (まぁこれは主人公ってことでいいのかな)女性は

長渕と志穂美悦子の娘。

このコのデビュー作も 実は偶然にも前に観たんだったっけー

その頃と比べると あー勉強してきたんだねぇ と感じた ←えらそー(≧∇≦)

エンディングに流れる我らが“先生” 2VOICEの曲は

もう文句なしに心に沁みます ←(≧∇≦) 大絶賛




で、有楽町なので 新しく出来たミッドタウン日比谷に寄ってみたよ

都会だねぇ~~  すっかりオノボリさんΣ(;・∀・)

ここでランチをしよう って暴挙に出てみた!

サラリーマンのみなさんはここでランチなんかしないだろーなー って場所だけど

地下のフードコート風なとこは 少し空席があった



Img_4490a

Susan's MEATBALL へへヘヘヘ こーいうの大好物!

ミートボールって日本だとイ○イの~ とか

丸くてちょっと固い照り焼き味ってイメージ ない? あるよねー

これはミニハンバーグって言った方があってると思うよ

ふわふわ柔らかいし ジューシーだし

ドッグパンに挟むとかわいいけど 食べやすいのはボックス仕様

いわゆるお弁当にしてもらうタイプね

肉だんごの材料は牛とか豚とか4種類から選んで

さらにソースを4種類から好きなのを組み合わせるので

ばっちりお好みに作ってもらえるわけ

ドッグの場合 ナイフで3等分すると食べやすいよ ワタシはそうした

それなら  あ!! ってお肉が転がり出ちゃうこともないしね

それとフレンチフライが美味い!うまい!! 

冷凍だってわかってても なんでかねー 美味しいんだよ~~(≧∇≦)

こんなランチ毎日してたら破産しちゃうよ って金額だけど

たまにならいいか って 自分を許そう!(◎´∀`)ノ




映画とおまけのランチのお話しでした。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

取り急ぎ お知らせ3件。

桜 あっという間に咲いて

このところの強風で ぶわーーーっと散り

熊家のまわりは葉桜のとこも多くなってきたよ

みなさんは お変わりなくお過ごしかしら

ワタシはいろいろ忙しかったんだけど

小まめに報告する時間がなくて今日にいたりましたけどー

題のとおり ちゃちゃっと3つ お知らせしておきますね




まず、さっちーのその後。

この前 胸水・腹水を抜いて帰宅した直後は

息も荒く 弱々しくて

あーもう今日仕事から帰ったらお話しできない状態かも・・・

などと めっちゃ不安になり

出勤する熊を引きとめて 「さっちーに挨拶してかないのかー」と言ったり。

熊は 「大丈夫だよぉ」 などと あっさり行こうとするので

なんて情のないやつ!さっちーに“もしも”があっても知らせてやるもんか!

と ひとりでプンプンしてたんだけど

利尿剤の効果が出て お水の溜まるスピードは明らかにおそくなってるヽ(´▽`)/

くそー。。。なぜか悔しい(≧∇≦)

おかげさまで さっちーは呼吸もゆっくりスムーズにしているので

まだまだ王様は頑張れそうです。

心配して元気玉をたくさん送ってくれた王様ファンのみなさん

ありがとう~~~(◎´∀`)ノ

Img_4446b





さて、次がですねー

とうとう あのクソ売店を辞めました!(≧∇≦)

この経緯はほんとーーーに長く

ここに“取り急ぎ”で書けるようなもんじゃないんだけど

・6人必要な仕事を4人でやってること

・なのに人の補充がないこと

・そのために週に6日出勤してること

・マネージャーは「募集してるけどいい人がこない」と言うだけで

それ以外の対策をまったく考えていないこと

・結果としてみんなの気力・体力が落ち、しかも扶養控除の範囲を超える収入・・・

などなど

あげたらキリがないほどの理由~~

それでもなんとかみんなでやりくりしてたけど

この3月末で4人のうち3人が退職したのー

残ったのはP川さんだけ!

え゛!? じゃあ 残ったひとりでやってんの?  と思うでしょ?

一応ちょびっと採用したのよ

時給を20円あげてね、募集したら とりあえず数名ひっかかったわけ

でもまだこの人たちは箸にも棒にもな状態

ここへ来てようやく ほんとによーーやく

本部から2人 助っ人が来てるらしい

が、現場にしてみれば そんなのただの「あたま数」だけ。

ワタシは辞める前に10日分の弁当発注をして

ほかの2人も 使用期限の長いものなんか 多めに発注して

少しでもP川さんの助けになれば と思ってやったけど

いよいよどうにもならなくなってくるのが今週から。

いきさつについて もっと書きたいことがいっぱいだけど

今日は報告だけにしておきます

機会があったら 詳しく書くね ψ(`∇´)ψ

それにしても

惜しまれて辞めるうちが花よね

寂しくなるわぁ~;;;;;  って言われて少しこころが痛んだけど

ごめん ワタシ ちぃーっとも寂しくありません~~(≧∇≦)





さて、最後の1件は 宣伝ですよ~

昨年11月の記事で紹介した2VOICEのおふたり。

このたび 映画のメインテーマ曲として「YOU~120歳のラブソング」が

採用されました~~!!ヽ(´▽`)/

映画は『おみおくり』 。 大ヒットした「おくりびと」の女性版といった感じで

原作は『今日のご遺体』 というブログです。

このブログは2009年に書籍化されて

その時 ワタシもこのブログでご紹介させてもらってる。

関東での公開が今のところ東京と神奈川の2県のみで

しかも今月13日までなので、観るチャンスがあと少し!!

もっと早くご紹介すればよかったわーι(´Д`υ)

ワタシは今週 必ず観に行きますよー!

なんせ時間はたっぷりあるんですからね

(とか言ってるけど 実はなんやかんやで毎日忙しい!!)

この曲ね、ほんと 心に沁みます

ワタシねぇ これは熟年カップルにこそピッタリだと思う

“恋年齢”の高い人だからわかる・・・

なんかそういう厚みっていうのかなぁ

おふたりが還暦を記念して作った ってのもあるのかなぁ

とにかくいい曲で。

エンディングに流れるようなので

じっくり映画も曲もかみしめてきたいと思います。





ま、そんな感じで 3件でした。

取り急ぎなわりには長くなったけど

春、新しいことがたくさん始まる季節ね。

みなさんも 良い春をお迎えくださいo(*^▽^*)o





| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

三が日。

今年の正月休みは 大みそかから3日まで 

思う存分 羽を伸ばして過ごしたーヽ(´▽`)/

もうその翼たるや オオワシどころか ダチョウのごとく!

わっさわっさと伸ばしまくって自由気ままに~♪




元旦からまずは映画に!

毎月1日は「映画の日」

しかも元旦ともなれば究極の1日でしょー

まぁ そんなモノ好きもいないかもな と思ったら

なんとまぁ けっこうな賑わいで。




Star_wars_1024x725

昨年の公開直前に 前作の“おさらい上映”にも行って

準備万端だったにもかかわらず こんなに遅くなってしまったよ

やっぱりこれは レイア姫との永遠の別れになるわけで

何としても観ておきたかった

前回の公開時、ン10年ぶりの登場に  

ハン・ソロの渋みと比較されて

姫がデブに~~ってな意見もあったようだけど

アタシ的にはこれは愛すべき経年劣化として受け入れてほしいとこ

でないと この世代の多くが肩身の狭い思いをすることになってしまうよー

そしてキャリー・フィッシャーは文字通り 永遠の姫となってしまった・・・

この先 続編が出るのかどうかまだわからないけど

ワタシはそろそろこのあたりで終わりでいいんじゃないかな と思った




そして3日は早くも今年の2作目


Photo

昨年 鎌倉との縁がつながったこともあり 

予告編からかなり興味があったんだよね

けっこうな大物俳優さんも名を連ねてる作品

これはねぇ ファンタジーです!

VFXを随所に取り入れてるけど

なんかぜんぜん違和感なくて

鎌倉ってそういうとこだよな って なんか納得。

人は死んだらすぐに黄泉の国に行っちゃうんじゃなくて

交渉次第では延期できる って設定も なんか嬉しい(≧∇≦)

観てよかった~ な作品だった

こっちもかなりの席が埋まってたけど

「おくりびと」のときと同じ客層が多かったねー

やっぱり なんだろ 自分が近いとこにいる と思うと観に行く?(≧∇≦)

あ、ワタシも?・・・・




今年は駅伝もそっちのけで映画で大満足の三が日

4・5日と仕事して ただいま世間並みに3連休中で~す






Img_4252


お正月用に買った梅酒 2種。

どちらもジャケ買いでした~♪ (◎´∀`)ノ




| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

新年のごあいさつ~ヽ(‘ ∇‘ )ノ




shineHAPPY NEW YEAR!!shine



Img_4229b




みなさま あけましておでとうございます

こうして さっちー王と新年を迎えることができて

本当にしあわせです

昨年は もしかしたら年を越せないかも と思ったこともありました

この先も 何度もそんな不安になるかもしれませんが

毎日を大切に 少しでもたくさんのハッピーを共有して

過ごしていきたいと思います

今年も更新は不定期になってしまいますが

どうぞ よろしくお願いします



おかみっちょん

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2017年12月26日 (火)

サンキュ!黒いサンタ

九州場所がなにかと騒がしく終わった後の宇佐に

らいだぁが訪問するとは聞いていたけど

なんとまぁ おやびんと連名でクリスマスプレゼントが!





Img_4192a

なんかいろいろ箱に書いてあるよ( ̄▽ ̄)



Img_4194

とか・・・




Img_4195

クロネコに これでもか と注意を促す荷主

にんじんもってことは 他に何が入ってるのかな





Img_4193_2

つくねいも・・・こっちでは見かけないかもなぁ

・・・・でよ ってことは 尾張の城主だな( ̄▽ ̄)


で、何が送られてきたのか というと・・・






Img_4202

うっひゃぁあああwwwwwwwwwwwwwww

しいたけがどっちゃりぃぃwwwwwwww

しかも デケぇwwwwwwwwwwww

さっちーの頭よりデカイぞ!! \(;゚∇゚)/




デカイしいたけに隠れて見えないけど

この下に そのつくねいもなるものや

名産の柚子胡椒、生姜やピリカラこんにゃくも同梱されているー!

おやびん宅から どんこしいたけを焼く美味そうな画像が送られてきて

しいたけ大好きじゃー と返信したら

こんな騒ぎになったー(≧∇≦) ありがたや~~~



届いた日から基本バター焼きで

毎日美味しくいただいちょります!

昨日の夕餉には なんとこの手のひら大の肉詰めを (≧∇≦)

(注) 手のひら=手をパーにした大きさ




Biga_2


3コ用意したんだけど あまりにも大きくて入りきらず

フライパン2枚使って同時に焼いたよ~~

そして半分に切って盛りつけた・・・ハァハァ・・・




こんなにして食べてるよ~ と画像を送ったら

2人とも熱を発してるとかで

ヤメロー  って言われた~~(≧∇≦)



しかし しいたけの日々は続くのだーΣ(;・∀・)

飽きちゃう?  いやいやいや これがなんと

メッチャ美味いのでーーー

ぜーーんぜん大丈夫~~~ヽ(´▽`)/





Img_4198

見るからに黒そうなふたりだ。。。( ̄▼ ̄;)





Img_4196


・・・・ってーーー  (≧∇≦)





なにはともかく ありがとうね

2人とも 早く元気になってちょ(◎´∀`)ノ














| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

カナリアは歌を思い出した

お友達の多くは ワタシがゴスの中にいたことを知っていますが

もうずいぶんと歌から遠ざかっていましたのよ。




あれは 今から遡ることン10年。

たぶん~70年代の終りか 80年代のどこかだった。。。

アルビンエイリー・ダンスカンパニーの公演を観に行って

アフリカンアメリカンの圧倒的な躍動感に打ちのめされ

この人種の魂の強さはどこから来るのだろう と興味を持ち

そこから ワタシはゴスペルの世界が気になっていたわけ。

黒人霊歌にその発祥があるとも言われるゴスペル。

宗教的な というか 神様そのもの的な音楽は

日本では クリスチャンとノンクリの間で葛藤する人が少なくなくて

ワタシもそのひとり、 歌友にもそういう人はたくさんいた。

でも どうせ歌うなら教会で と

ずっと教会付属のクワイアで歌ってきたんだけどね。

あの東日本大震災があって

被災地のために祈り 歌いましょう  って言われた時

そーなの?  って疑問がわいちゃった。

こんなことで 何になるんだ? って。

被災地の人に何かできることが 他にあるだろ

もっと自分が強くならなきゃ 

歌で伝えられるものなんて ないんじゃないの?

そんな生意気な疑問がわいたのと、

まぁ どこにでもあるクワイアの中の人間関係とか

他にも身近で不快な思いをさせらてたのとか(はっきり書けないけど)

そんなこんなで すっかり歌うのやめてしまってた。

今思えば ぜんぶ“他人の理由”だったんだなぁ。。。






ところがね。

実は今年 ほんとーーーに心をズタズタにされることがあってね。

(それはまだ解決してないんだけど)

何か 自分に自信がもてるもの

自分の心を自分で支えられるチカラになるもの と考えて

もう一度 歌おうかな  って思って

歌友ばびちゃんに相談したら

「今 ゆる~~~く歌ってるとこあるけど 来る?」 とお誘いいただき

あーーーーーこれはまたチャンスを手に入れたんだな と

もう!すぐ!!  行くーーーーーーーーー!!! と返事したのが

9月の半ば。






そして 数回ポッチリの練習に参加し、

土曜日 なんと!

ずーずーしくも ステージに立たせていただいちゃった~~~ヽ(´▽`)/

ばびちゃんは いつも 「私たちのタイミングは必然だね!」 と言ってくれる。

ステキなおねえさんなのだ!( ´艸`)プププ

ばびちゃんも 本当はとってもとっても辛くて悲しいことがあったのに

ワタシの力になってくれる。

ばびちゃんと一緒にまたステージに立てるなんて

最っ高~~~~~~~~~~にハッピーだよ~~ん♪

Img_4060

このグループは 

元サーカスの原順子・叶央介夫妻の2VOICEというユニットが指導してくれてて

もちろん2VOICEのコンサートもたっぷり。

ユーモアのあるおふたりのお話しに会場はホッコリしたムード。

そうそう、お席はありがたいことに満席でした!


Photo

練習量がすくなかったワリには 土壇場でけっこうな勢いで仕上がり、

本番数日前になって ようやく自覚が出たのか? って感じだった。

お金を払って来ていただく以上

やっぱりソンした気分にはさせられないでしょ。

でもメンバーはみんな楽しく歌えました。


Photo_2

小さいホールながら なかなか歌いやすく

ちゃんと他のパートの声も聞こえるし 混ざった声が反射して戻って聞こえて

すごい一体感のあるステージでしたねー。

サーカスの「アメリカン フィーリング」は

お客さんにも 一緒に振付を指導して

会場みんなで歌って踊って 楽しい雰囲気だったわー (◎´∀`)ノ



人が集まれば 何かと問題があったりなかったりね。

でもそれも出会いがあってこそ。

ここにもそれなりに小さな「?」はあるけれど

まだ発足して2年。

これから歴史が作られていく中で

ワタシも大きくなっていきたい と思っていますのよ。



ばびちゃん 誘ってくれてありがとう!

またこれからも一緒に歌っていこうね~♪ ヽ(´▽`)/

タイトルは「カナリア」だったけど

実は「カラス」だったりしてね ( ̄▽ ̄) へへへ・・・






| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

なつのお土産

みんながまとまって休みが取れないので

職員さんたちは夏から秋の長期間に

交代で1週間くらいの休みをとるのだけど

先日 いつもゴハンしに行くお友達のなっちゃんが、

妹さんが住むフランスに行ってきた といって

お土産をくれたのー(◎´∀`)ノ





Img_3767


ゲランドの塩とリンツのチョコレート。

リンツは種類がたくさんあるから これはどんな味かな~

まだ食べてないけど 楽しみ。

ふふふ もちろんひとりで食べちゃうよ!( ´艸`)プププ




ゲランドの塩、使ったことなかったけど

その名は知ってた。

フランスには塩職人 「パリュディエ」ってのがいるんだって。

すてきだね。

お菓子職人は パティシエ

チョコレートの職人さんはショコラティエ

みんなその道のプロにはちゃんと呼び名がついてるんだね。





なっちゃんによると

これで野菜炒めするとメッチャうまいっすよ~ (年下なので時々敬語になる)

なんか 何やっても美味くなっちゃうんだけど

 

アサリの塩抜きなんかこれでやるとスゴイの!

 

アサリがみんなリラックスして ふわぁ~~~ってなって

 

水をピューピュー飛ばすんですよ~ ふふふ~♪

だってーーー(≧∇≦)

すごいねー 天然の塩の効果。

ほんなら ワタシもゲランドの塩水につかって

いろんなものピューピュー噴いてやるか~ ヘ(゚∀゚ヘ) ヒャヒャヒャ~






なっちゃんの夏のお土産

夏はもうおしまいね。

今週末はいよいよ瀬戸だ~~ ヽ(´▽`)/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

自分から不幸の沼の住人になるな

あえてカテゴリーを「たのしいこと」としたのは

今回の内容の主人公が

常にユーモアを忘れないで生きていきたい っていってたので

その姿勢に敬意を表して。





Gleason

ギフト 僕がきみに残せるもの』 (原題:GLEASON) を観てきました。

この前の記事のパラバドはそのあとに行ったのね。

だから本当は続けて書きたかったんだけど

ちょっと一息いれようと思って ”変な飲みモノ”を真ん中に入れた。





原題のグリーソンってのは このドキュメンタリーの主人公

スティーブ・グリーソンのこと。

彼は全米でも有名な元フットボール選手なんだけど

難病のALS(筋委縮性側索硬化症)に侵され

どんどん身体の自由が失われていく中で

生まれてくる息子のために 自分が父親として残してあげられるものは

なんでも残したい と

自分の姿をビデオに残し続けたのをまとめたのがこの映画。






ALS って なんだろう って思う?

身体の自由がだんだんきかなくなっていく、

なのに意思ははっきりしていて

それを伝えられないのがいちばん辛い っていう病があるのは知ってたけど

それがワタシの中で ALSとイコールになってなかった。

2年くらい前に「アイス・バケツ チャレンジ」ってのがちょっと流行ったのなら

覚えてる人もいると思う。

氷水の入ったバケツを頭からかぶるか

ALS協会に寄付をするか

もしくは その両方かを宣言して実行するもの。

ワタシも実は そのときは 

寄付ならだまってすればいい なんで氷水を!? って思った。

でも有名人たちがこぞって指名を受けて氷水をかぶることが

(もちろんそのほとんどの人が寄付もしたみたいだけど)

ワタシのように ALSって何?って思ってる人に認知させるのに

とても有効だったのね。

寄付金はあっという間に莫大な額になったし

実際 この映画の中でもその「アイス・バケツ チャレンジ」のシーンがあった。

このチャレンジの是非を問う運動もあったけど

ここでは横に置いといて。

詳しくはWikiとかで見てよ。





ALS 発症からの生存年数は2~5年。

今 グリーソンは自分で食べることはもちろん

呼吸をすることもできなくなり

人工呼吸器に頼って生きているんだけど

それはとてもお金がかかることで

この段階になったALSの9割の患者が ここで諦めてしまうんだとか。

彼は幸運にもそこそこの蓄えがあって

さらにいろいろなサポートを受けて

今も「元気」に生きている。

というのは この映画にさきがけて

奥さまのミシェルさんが来日して 映画の最後にメッセージをくれたのね。





ミシェルさんは とても賢くて聡明で

いつも明るく自信に満ちた女性にみえるけど

やっぱり夫がALSだと知った時は 「なぜ!?」 という思いだったし、

一度は 一生支えていこう と決めてはみたけど

やはり時々 どうしようもない不安と怒りのまじったような感情になり

やつ当たりのような意地悪を夫にしてしまったり。

ふつうの ごく一般的な女性なのよね。

でも 彼が生きると決めたのだから ワタシも全部受け入れる と

子供と夫を同時に“育て”ている。

彼女の結婚はまさに「奇跡」だと思うなぁ。

奇跡ってのは すべてが偶然に丸くおさまることじゃないと思う。





No White Flags   白旗は揚げない

症状がどんどん重くなっていく映画の後半でよく出てくるキーワード。

生きる方法があるならなんでも試す。

良かれと思ってやった手術がうまくいかなくて

かえって病状を悪化させてしまっても

それはチャレンジした結果だから とそれも受け入れる。




たとえば、腸の動きが悪くなって便秘になってしまうんだけど

病院から看護の女性が訪問して処置をするのね。

そんなときでさえ 彼はユーモアを忘れないの。

みんな どんどんブルーな雰囲気になるわけ

こんなことも出来なくなってきた・・・ って

でも 彼は彼女にこう言うの。

「ねぇ 今までに君が指を入れた人の中で

今日のボクがいちばんイイ  って言って」 って。

もうその場は大爆笑よ!

劇場もね 勇気をたたえる笑いに包まれた。

どんなことにも楽しさをみつけ ユーモアを忘れず ぜったいに諦めない。

それが息子にのこしてあげられる最大のことかも。




この映画のあと ワタシはパラバドの観戦に行ったわけなんだけどね。

このふたつの出来事で ワタシは思った。



時々 自分の辛い経験を見せびらかして同情をひくような人がいるけど

不幸かどうかは周りが決めることじゃなくて

本人がそう思うか思わないかで決まる ってことよ。

辛くない人生なんて どこにもない!

それを大きなことととらえるか

これこそチャレンジのチャンスととらえるか

その人の人生の厚みはそれによってできてくると思うんだわ。





んーーーー たとえば ワタシは子宮をとって子供が産めない身体になった。

だから? なに? そんなこと 不幸の「ふ」の字にもならないわ。

その前に 「もう産まないでしょ?」 って医者に言われたけどね。

たしかに そりゃそうだわ!(≧∇≦) いまさらって歳よ。

でもね、子供がいる人を羨ましいとも思ったこともない。

本当に子供が好きなら

世界中に親がいなくてさびしい思いをしている子供がたくさんいるんだから

その子たちを幸せにしてあげるのだっていいじゃない。


不倫スキャンダルですっかり株が下がった『五体不満足』の作者さん。

あのあと NHKのバリバラに出演して

「これでやっとボクが普通の人といっしょだ ってわかってもらえた」

って言ったの。

世間は彼のあの姿を色眼鏡で見ていたのね。

あの身体でもヤレるんだ  って。

病気や身体の不自由は誰しも望んでなるわけじゃないのよね。

だから そういう人たちを指して言いたいんじゃないのよ。


逆に 他人から見たら小さな成果を

褒めてもらいたがる傾向の人もいるよね。

そういうのに絡まれると うぜー って思っちゃう ワタシ。

努力も成果も自分次第でいいじゃない。

でも 褒められたら 次もっとがんばろう って気になるのは確か。

理由づけは人それぞれだし。






なんかね、

どっちにしても そーいう人って

Photo

ウツボカズラだな って思うわよ!

ウツボカズラってのはね 食虫植物で

いい匂いで虫をおびき寄せて ツボの中にスルリと落としこんで

底に落ちた虫は出られなくなって

やがて死んでその身体は溶かされてウツボカズラの養分として

とりこまれる ってわけ。

まぁ 虫がいなくてもウツボカズラは生きていけるんだけどね。

そういうかわいそうな虫もいるってことよ。



とにかく グリーソンはタフよ!彼こそがタフ!!

そりゃ はいはいオッケー 何でも来い~  ってわけにはいかないわ。

お気楽能天気じゃないからね。

だからもちろん なぜこんなことに? って泣く。

カメラのまえで号泣する。

でもそんな姿もぜーーーんぶ息子に残すの。

そんなお父さん 世界一だと思わない?





是非 たくさんの人がこの映画を見れば

自分がどれだけ不幸に酔ってたか って感じると思う。

そしてワタシも

No White Flags!!

この精神を忘れないようにするわ!!

そうしたら どんなことにもきっと乗り越えていける

そんな勇気をグリーソンとパラバドからもらいました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧